Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

加速度増すシニア芸能人のSNS参入 自身の言葉を残す新しい“終活”スタイル

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 堺正章、美川憲一、仲本工事、井上順…錚々たる“オーバー70”シニア芸能人が、近年TwitterやYouTube、ブログ等のSNSアカウントを開設し、話題を集めている。ただ、振り返れば芸能界シニア層のSNS参入は今に始まったことではなく、黒柳徹子や和田アキ子といった超大物も5年ほど前から始めており、堺らの“新規参入組”の投稿を見ていても、今や「高齢者はハイテクについていけない」的な決めつけは通用しなくなったようだ。番組企画で1ヵ月限定でTwitterアカウントを開設した堺も「#まちゃあき #世界一受けたい授業 #ぺこぱ」などハッシュタグを使いこなしながら「ツウィッター」の言い間違いも貫き通している(実はネタ?)。「自身の言葉で投稿をする」スタイルが目立つシニア芸能人。単なる投稿にも何気ないメッセージ性を感じてしまう“ある活動”とは? 【写真】言葉と裏腹に笑顔は優しい…長州力&孫の2ショット ■何事もなく日々思ったことをつぶやくシンプルさ 144字が心に響く  シニア世代のSNSを見てみると、特に何かを仕掛けたり凝ったりすることなく、淡々と日常を綴っていくものが多い。例えば、シルバーTwitterで話題になった故・内海桂子さんにしても、2010年(当時87歳)からTwitterを始めており、今年の4月までほぼ毎日更新、49万を超えるフォロワーがついていた。そして突然の訃報に、Twitter上でも「毎日のツイート、楽しみであり、励みにさせて頂いてました。謹んでお悔やみ申し上げます」「もっともっと為になるお話しを聞かせて頂きたかったです」と惜しむ声が相次いだのである。  堺正章の盟友・井上順も今年4月よりTwitterを始めた一人だ。きっかけは1月に渋谷区名誉区民の称号をもらったことで、そのお返しとのこと。ほぼ1日に一度、朝の「グッモー」のつぶやきから始まり、自身がずっと暮らしている渋谷の街の良さを発信している。現在、外出もなかなかままならない状況ではあるが、「サンキュー便利マッチ」「カラスだけに“クロウ”した」といった井上らしいユーモア(オヤジギャグ)を交えつつ、毎日更新しているようだ。内海さんと同様、年齢を感じさせない絵文字の駆使や誤字のないことに驚く。Twitterの文字数制限144字いっぱいに書かれ、ご本人の年齢を忘れさせるほど闊達だ。

【関連記事】