Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍に「できることを自分で探すことも勉強」J1名古屋の千葉が子どもたちにアドバイス

配信

中日スポーツ

 名古屋グランパスのDF千葉和彦(34)が5日、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使ったトークイベント後の取材で、新型コロナウイルス禍で部活動自粛などに悩む子どもたちの過ごし方に言及。「できることを自分で探すことも勉強だと思います」と助言した。  千葉はサッカーを例に、個人でもボールを使った技術練習などに取り組めるとして「考え方次第で練習はできる。(今は)個人の時間に充てて」と説明。また、海外挑戦する若手選手が増えていることを踏まえ「言葉や文化の勉強は今できると思う」と述べた。  千葉は日生学園第二高(現青山高)2年時にプロ選手を志し、卒業後はオランダでプレー。2005年にJ1新潟に加入した“逆輸入”Jリーガーとして知られる。イベントでは、こどもの日にちなんで小学生サポーター5人と1対1で語らい、質問などに答えた。

【関連記事】