Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【国産派vs外車派】ホンダ N-BOXとフィアット パンダをくらべてみた|ガイシャのススメ Vol.17

配信

MOTA

あえて選ぶガイシャのススメ。この企画では「国産車、じゃなくて輸入車」をテーマに、様々なカテゴリーの車種を比較検討します。第17回のテーマは、小型車対決。軽自動車界の巨人「ホンダ N-BOX」と、イタリア生まれの小粋な小型車「フィアット パンダ」をご紹介します。 ■初代が懐かしい! 歴代フィアット パンダを画像でチェック!

限られたスペースにあらゆる要素を詰め込んだ、箱庭のような「ホンダ N-BOX」

今や、日本車の新車販売台数の1/3以上を占める軽自動車。 2019年の軽自動車販売台数は、約190万台にも達しています。中でも売れ筋のひとつが、2011年に初代が登場した「ホンダ N-BOX」です。 軽スーパーハイトワゴン市場に投入されてから、あっという間にベストセラーに。 2017年にフルモデルチェンジをして2代目になり盤石の体制を築き、軽四輪車の新車販売台数で、2015年以降5年連続1位という記録を打ち立てました。 ■日本最小の軽規格いっぱいに空間を拡大するマジック! ホンダのセンタータンクレイアウト 初代N-BOXのポイントは、軽自動車という決められた外寸の中で、いかに広く使い勝手が良いかを研究し尽くしたパッケージング。 ホンダお得意の「センタータンクレイアウト」によって低くて広いフロアを実現、エンジンルームもコンパクトに抑えたことで、軽自動車とは思えないほどの広さを誇りました。 初代を大きくブラッシュアップした2代目では、プラットフォームを刷新。さらに室内空間が広くなり、内外装の質感や走りも大きく向上しました。 ■クルマ選びに迷うならまず推奨しておきたいクルマ 先進の安全装備も充実し、現行モデルでは「Honda SENSING」を全車標準装備しています。 小さなサイズなのに広大なスペースを有し、快適装備・安全装備を満載したN-BOXは、細かな要素を規定の枠内に見事に埋め込むことを得意とする、「日本の箱庭文化」を思わせるクルマだと思います。 とにかくクルマ選びに迷ったら「老若男女問わず間違いない1台」として広く推奨できちゃうほど全方位で死角のないクルマと言え、だからこそ実際に連続No.1を獲得し続けているのでしょう。

【関連記事】

最終更新:
MOTA