Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍「世界有名人インスタ収入トップ10」 サッカー界4人選出…最上位2.5億円

配信

Football ZONE web

サッカー界からベッカム、ネイマール、メッシ、ロナウドがランキング入り

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るうなか、英マーケティング会社「attain」が「ロックダウン(都市封鎖)中のトップインスタグラムの稼ぎ頭」の特集を組んだ。世界の著名人を対象に収益ランキング・トップ10を紹介し、サッカー界から4人が選出されている。 【一覧リスト】サッカー界から4人がランクイン! コロナ禍「世界有名人インスタグラム収益トップ10」ランキング 「attain」は「3月12日から5月14日までの2カ月の期間ということを考えると、潜在的な収益に関するこれらの数字は非常に信じがたい」と記し、コロナ禍のなかでインスタグラムを通じて収益を上げた10人の著名人をランキング化している。  そのなかでサッカー界から4人がランクイン。40万5359ポンド(5400万円)で10位に食い込んだのが元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏だ。すでに現役を退いているが、その影響力はいまだ衰えていない。  またブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)が119万2211ポンド(1億6000万円)で5位、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)が129万9373ポンド(1億7500万円)で4位と上位にランクインした。  そしてサッカー界最上位に君臨しているのが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)だ。その額は188万2336ポンド(2億5400万円)にのぼり、世界の著名人のなかで2位となっている。  世界1位は9200万人超のフォロワーを抱えるアメリカのコメディアン、ケヴィン・ハートだ。ロナウドを超える273万3377ポンド(3億6900万円)で1億円以上も上回っており、 影響力の大きさを物語っている。

Football ZONE web編集部

【関連記事】