Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

観光回復へ「憩うよ、沖縄。」 JTAとRAC 特別デザイン機運航

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
琉球新報

 日本トランスオーシャン航空(JTA、青木紀将社長)と琉球エアーコミューター(RAC、金城清典社長)は1日から「憩(いこ)うよ、沖縄。」のロゴマークがデザインされた特別機の運航を始める。  「憩うよ、沖縄。」は、沖縄観光コンベンションビューローが観光回復に向けて取り組むプロジェクトのキャッチコピーで、沖縄への誘客を目的に「憩う」と「行こう」を掛け合わせている。  ガジュマルをイメージしたロゴマークには、サンゴやジンベエザメなど沖縄に関係する約20種類のシルエットが描かれている。デザイン機はJTAとRACそれぞれ1機ずつで、約1年間運航する。  JTAの青木紀将社長は「1日からGoToトラベルも本格化する。全国を飛び回り、誘客に尽くしたい」と話した。

琉球新報社

【関連記事】