Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

卓球もビジネスも「結果が一番大事」 リコー卓球部のコーチ兼選手・鹿屋良平

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

「仕事と卓球の両立」をモットーに掲げ、選手たちはフルタイムで働きながら練習をこなすリコー卓球部は、2018年ファイナル4優勝で創部初の年間王者を勝ち取った。その決勝戦のラストで勝利を収めたのが、鹿屋良平(かのやりょうへい・28歳)だ。 【写真】年間王者に輝き喜びを露にする鹿屋良平 社会人6年目となる28歳は、現在選手兼コーチとしてチームを支えている。今回は、チーム最年長の鹿屋に「2018年飛躍の理由」や「卓球人生のターニングポイント」を聞いた。(取材:槌谷昭人・ラリーズ編集長)

チーム最年長・鹿屋が若手をサポート

――現在、リコー卓球部の選手兼コーチですが、特別な役割があるのでしょうか? 鹿屋:特別な役割はないんですけど、一番最年長なので、新人が入ってきたらサポートしたりアドバイスしたりは心がけてます。 今年度は高校、大学と同じの髙取(侑史・野田学園高→法政大)が新人で入ったので、社会人として一人前になれるようにサポートしたいと思ってます。 ――やはり皆さん卓球より仕事面での悩みが多いのでしょうか? 鹿屋:そうですね。仕事の方が戸惑うことが多いと思います。 みんな中高大で卓球をやってきているので、卓球面ではあまり言う必要はない。一方、仕事はリコー特有の用語などがあり、業務については知らないことだらけだと思うので、サポートしないといけないと思いますね。 ――鹿屋選手はどういう業務をされていますか? 鹿屋:入社してからずっと、CP事業本部 事業戦略室 事業管理グループという業務用の印刷機を売る部署にいます。主に商用印刷事業部門の事業計画や戦略策定に必要な市場・競合動向、全需・シェア動向の情報収集や分析を行う仕事をしています。 数字情報が多くて、アメリカで何%シェアが落ちたとか、今期どれぐらい売れたとか、他社はなぜこれくらい落ちたのかを日々分析や考察をしています。

「仕事と卓球の両立」を体現する男

――そもそもリコーを選んだきっかけは? 鹿屋:卓球引退後、仕事で残れる方が自分の人生として良いと思ったので、第一志望にしました。 ――卓球できる間はできるだけ卓球一本でやっていきたいとは考えなかったですか? 鹿屋:大学卒業して卓球だけに絞っても飛躍的に伸びはしないだろうなと感じていました。 それなら仕事ができる環境で、社会人としての知識や経験を積んだ方が自分にとってメリットがある。卓球一本で引退した後に、例えば30歳で新人と同じ状態から仕事モードに切り替えるのは辛いですからね。 ――社会人になって仕事と両立する中で、もっと仕事だけに集中したいだったり、逆に卓球だけに集中したいと思うときはありますか? 鹿屋:それもあんまりないですね。今、良いバランスで卓球と仕事、どちらも打ち込めてます。 一人の社会人として、仕事ができて会社に貢献しつつ、卓球も疎かにせずに十分打ち込める環境でやれるのはありがたいことです。なるべく今の良い塩梅を保ちつつ卓球と仕事どちらもやっていきたいです。 ――引退後、仕事一本になったときのことは考えますか? 鹿屋:僕、実は今年で引退予定だったんですけど…。まだ引退するかどうかはわからないんですが、卓球に一区切りつけたら今後は仕事に重きをとは考えています。

【関連記事】

最終更新:
Rallys