Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セ・リーグ6球団「2017年ドラフト1位入団」の現状は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

読売ジャイアンツ

 入団年の新人合同自主トレから出遅れ、92試合に出場した2018年は一塁へのヘッドスライディングで終盤に骨折離脱、昨季は開幕11試合で打率.390と結果を残していながら腰痛のためにその後のシーズンを棒に振った。吉川尚輝は入団時の高橋由伸監督、現在の原辰徳監督の2人から大きな期待をかけられながらケガに泣き、これまで1度もシーズンを完走したことがなかったのだが、いよいよその殻を破りそうだ。今季は「一番・二塁」で開幕スタメンを飾り、序盤戦は打撃不振を克服して9月には本来のパフォーマンスを取り戻し、ようやく誰もが理想と考える「一番・二塁」に定着した。このまま連覇を達成しつつシーズンを完走、日本シリーズを戦い抜ければ、プレーヤーとして次のステップに進めるのではないか。

阪神タイガース

 今や本塁打王を争い、虎の主砲と言ってもいいだろう。当時の金本知憲監督の意向もあり、ドラフトで単独1位指名を受け2017年に入団。金本監督の方針もあり開幕は二軍で迎えるも、6月に一軍昇格すると9月には阪神の新人としては53年ぶりに「四番」としてスタメン起用されるなど、1年目は育成期間がありながら7本塁打。翌18年は11本塁打と徐々に成長を見せると、19年、矢野耀大新監督が開幕から四番に起用し続け、四番のプレッシャーを受けながら100試合以上四番を務めた。そして今季は外国人に四番と開幕スタメンの座を譲ったが、7月に入りスタメン起用されると、初球からでも積極的にフルスイングする打撃で本塁打を量産。10月12日現在、25本塁打を放ち、巨人の岡本和真と本塁打王を争っている。

中日ドラゴンズ

 プロ3年目の昨年は年間を通して先発ローテーションを守り、チームトップの11勝をマーク。自身初の2ケタ勝利を挙げ、今年は左の大野雄大とともに先発2本柱として期待されていた。だが、開幕から3試合に登板したのち、右腹直筋を痛めて登録抹消。1カ月後に戻ってきたが、昨年のような安定感はなく、9月25日の巨人戦(東京ドーム)で今季最短となる2回6失点でKOされ、ふたたびの登録抹消となった。ここまで11試合に登板して3勝6敗、防御率4.47の成績は柳自身も悔しいはず。残り試合は少ないが、8年ぶりのAクラス入りをかけて大事な戦いの中、柳に出番があるのか気になるところだ。

【関連記事】