Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名古屋、G大阪からオ・ジェソクを完全移籍で獲得 「言葉にできないほどの感謝」

配信

GOAL

7年半過ごしたG大阪にも感謝

名古屋グランパスは9日、ガンバ大阪から元韓国代表DFオ・ジェソクを完全移籍で獲得したことを発表した。チーム合流日は10日の予定。試合への出場は選手登録の関係上、最短で8月1日(土)以降からとなる。 2013年にG大阪入りしたオ・ジェソクは、8シーズンにわたって同クラブに在籍。昨シーズンは期限付き移籍によりFC東京でプレーしていた。今シーズン、G大阪では再開後の2試合でベンチ外となっていた。 オ・ジェソクは完全移籍に際し、名古屋の公式サイトを通じて、「このたび、名古屋グランパスに移籍することになって非常に嬉しく思いますし、感謝の気持ちを持っています」と喜び、以下のように続けた。 「特に新型コロナウイルス感染症の影響もあり、この時期にこのタイミングで移籍するのは難しい状況の中で僕の手を掴んでくれたことだけでも、言葉にできないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。グランパスに移籍して、良いプレーで恩返しをしたいです。名古屋グランパスファミリーの皆さま、よろしくお願いします」 また、G大阪の公式サイトを通じては、「いろいろキャンプから大変な時間もありましたが、ここにいるみんなと開幕戦も一緒にできて幸せだったし、今年だけではなく7年半近くチームにお世話になったし、感謝の気持ちしかないです。この時期に離れるのは寂しくて悲しいですが、また日本でみんなに会えて、それだけでも十分幸せだし、良いことだけ記憶してチームを離れたいと思います。今まで有難うございました」と感謝の気持ちを伝えた。 サイドバックの層に厚みを加えた名古屋は、開幕から1勝2分け。8日に行われた明治安田生命J1リーグ第3節、G大阪戦は2-2のドローで終えている。

【関連記事】

最終更新:
GOAL