Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新生アストンマーチンF1、セバスチャン・ベッテル獲得を否定。チーム代表「ドライバーの面で驚きはないよ」

配信

motorsport.com 日本版

 現在レーシングポイントとしてF1に参戦しているチームは、2021年シーズンからアストンマーチンへと名称を変更することになっている。同チームはメルセデスと深い関わりを持つこになるため、一部の報道では、2020年限りでフェラーリを離れることになったセバスチャン・ベッテルをドライバーとして起用するのではないかとも噂された。 【ギャラリー】アストンマーチンF1のルーツはここに……「シューマッハー最初のF1。シェイプもカラーリングも美しい」ジョーダン191:美しきF1マシン  しかし、メキシコからの力強いバックアップを持つセルジオ・ペレスは、チームと複数年契約を結んでいる。またチームメイトのランス・ストロールは、父親のローレンス・ストロールがアストンマーチンおよび同F1チームのオーナーであるため、当面の間そのシートは保証されるモノとみられている。  ただ、ベッテルのフェラーリ離脱によって、ドライバー移籍市場が活発化したのもまた事実。レーシングポイントF1のチーム代表であるオットマー・サフナウアーはこれについて、次のように語った。 「ドライバー市場については、興味深い数週間だった。大きな移籍のニュースがあったからね」  そうサフナウアー代表は語る。 「そのことはファンを楽しませ、メディアを忙しくさせたことだろう。しかし我々の観点から言えば、来季に向けての最大のニュースは、コクピットに貼られる名前ではなく、ファクトリーのドアの上に掲げられる名前(チーム名)が変わることだ」  またサフナウアー代表は、最近行なわれた予算上限額の引き下げには、チームにとって歓迎すべきものだと語った。 「チーム間、F1、そしてFIAとして到達した決断は、このスポーツを財政的により持続可能なものとするために必要なプロセスを実施したモノだと信じている。そして、誰にとっても達成が可能なタイムスケールで、それが行なわれる」 「結局のところ、全チームのビジネスを維持し、ファンに素晴らしいレースを提供し続けることは、我々の利益になる」 「弱者という評判ながら、その途中で素晴らしい思い出も作ることができた。それについて我々は、いつも楽しんでいるんだ」 「我々は将来を見据え、アストンマーチンの名に相応しい遺産を構築しているんだ」 「新しいファイナンシャル・レギュレーションは、全てのチームに、その可能性を達成する上での、平等なチャンスを与えることになる。それは、このスポーツにとってポジティブなことになるはずだ」 「未来は明るく見える。そして我々の絶対的な目標は、その将来において最先端に立つことだ」

Adam Cooper

【関連記事】