Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【SHIHO瞑想】「36瞑想」で心の奥にある静かな場所を思い出して

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webマガジン mi-mollet

SHIHOです。このたび、初心者でも簡単に瞑想できる「五感瞑想」に続いて、比叡山延暦寺との出会いに着想を得た「108瞑想」が完成しました。 【写真】滋賀県出身のSHIHOの瞑想中画像と延暦寺の幻想的な風景  日本には、大晦日に煩悩の数だけ108回鐘をつく「除夜の鐘」がありますよね。私も地元である滋賀県の比叡山延暦寺で「除夜の鐘」をつかせていただいたことがあります。 今回製作したのは「クリスタルボウル」を除夜の鐘のように鳴らしたサウンドバス(音浴)の響きと呼吸のカウントで、日頃とらわれている「欲」や「エゴ」「弱さ」などの執着から離れて、本来持っている純粋な心の輝きを取り戻すーーそんな瞑想法です。 瞑想の前には「座禅ストレッチ」で凝り固まった身体を伸ばし緩めて、全身に血液を行き渡らせます。

    少し身体を動かして、コリや滞りをほぐしてからの方が深い呼吸ができて瞑想に入りやすいと思います。 クリスタルボウルのサウンドバスに合わせて、呼吸のカウントと瞑想のガイドをしていきますが、映像では、私の故郷の滋賀県にある比叡山の幻想的な風景が瞑想を誘導してくれます。    初回は、少し短く36回カウントで「36瞑想」を、まずは体感してみてください! 瞑想中は、ただ、鐘とカウントの響きに全身を委ね、自分のペースでゆっくり呼吸を繰り返すのみです。 鐘とカウントに合わせて呼吸を繰り返してもいいですし、どちらにせよ、リラックできる楽な方を選んでくださいね。 ポイントは、山のようにでんと構えて、心は広く持ち、おへその少し下にある丹田を中心に息を吸いこんで、吐きだすような、そんなイメージで、淡々と呼吸を繰り返してください。 ひととき皆さんの心の奥に存在する、とても小さくて静かな場所を思い出していただけたら嬉しいです。 撮影/ケーアールケープロデュース モデル/SHIHO 協力/滋賀県、53 By The Sea Restaurant Manager 構成/川良咲子   

SHIHO

【関連記事】