Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

出水田大二郎のゴルフスイングに学ぶ球を操るドライバーショット

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

ゴルフの基本中の基本であるスイングをトッププロの連続写真をもとに解説します。今回は出水田大二郎プロのスイングをお届け。ポイントや練習方法をスイングコンサルタントの吉田洋一郎コーチが分かりやすく解説します。

出水田大二郎(いずみだ・だいじろう)

1993年2月5日生まれ、鹿児島県出身。183センチ、90キロ。九州ジュニア3連覇の実績を残して2011年にプロ転向。2017年に初のシード権を獲得すると、翌2018年にRIZAP KBCオーガスタでツアー初優勝を達成した。2019年は優勝争うに絡む試合があったものの未勝利に。2020年は2勝目を狙う。

出水田大二郎のゴルフスイングを細かくチェックしていこう

<腕を横に振るだけのシンプルな水平スイング> 【4】アドレスの前傾軸に対して腕を水平に振るイメージだ 【6】切り返しで胸を開かず下半身を先に戻している

【8】回転動作がシンプルでインパクトの再現性が高い

【10】クラブを縦に振っているように見えるが実際は横に振っている

ゴルフスイング解説:軸に対して体を平らに回せばスムーズに振れる

出水田大二郎選手は体が大きくて、かなりアップライトに振っているような印象を受けますが、飛球線後方からの写真で見ると腕を横に振るイメージがよく伝わってきます。 リーチも長いのでクラブを縦に振っているようでも、実際は横振りのフラットなスイングなのです。体の垂直軸に対して肩を平行に回しながら、腕も横に振ると結果的に縦に振っているように見えます。 直立の姿勢になり、クラブを胸の高さくらいで構えて水平素振りをしてください。素振りを続けながら、上体を少しずつ前傾していくと、出水田選手の軸回転のスイングの感覚がよくわかるでしょう。 トップやフィニッシュでは肩よりも高い位置に上げているようで、実は肩の高さまでしか上げていないのです。垂直軸に対して体を平らに回すほうがラクにスイングできます。

出水田大二郎のゴルフスイングを練習してみよう

<水平素振りを行うと軸回転のスイングが身につく> 上体を起こし、クラブを胸の高さくらいで構えて水平にスイングしよう。

垂直軸に対して体を横に回して腕も横に振るイメージ。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ