Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

無観客試合で開幕したNEW JAPAN CUPで石井智宏とエル・デスペラードが階級を超えた熱戦を展開!「リングに上ったら身長の大小は関係ねえんだよ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

 16日、新日本プロレス『NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020』が無観客試合にて開催された。  新型コロナウイルス感染拡大の影響から、新日本プロレスは2月26日の沖縄大会を最後に3ヶ月以上53大会を中止していたが、スポーツ庁の助言を受けながら再開に向けたガイドラインを作成し、全選手・スタッフに抗体検査を実施するなど健康状態をチェックできる体制を構築し、今月15日に満を持して110日ぶりの大会を開催。  6月15日~7月3日までは無観客配信興行となり、『NEW JAPAN CUP 2020』を新日本プロレスワールドで配信。決勝戦は7月11日に大阪城ホールにて観客を入れての興行を行い、翌日12日に同会場で内藤哲也の持つIWGPヘビー&IWGPインターコンチネンタルのニ冠にNJC優勝者が挑戦する。  今年のNJCはヘビー級・ジュニアヘビー級問わず32選手が参加。外国人選手の招聘問題などで参戦できなくなった選手もいるものの、ヤングライオンやジュニア選手の参加など例年にはない色の出たシリーズとなった。  この日は、NJC1回戦として、真壁刀義vs辻陽太、矢野通vs邪道、本間朋晃vs高橋ヒロム、石井智宏vsエル・デスペラードの4試合が実施。  NJC初出場のヤングライオンであり、前日の前哨戦から真壁への闘志を剥き出しにしていた辻は試合開始とともにスピアーで突っ込み、その後も真壁を休ませること無くエルボーや逆エビ固めで猛攻をかけるが、真壁はこれをすべて受け止めた上でさらに上を行く。 最後は真壁がラリアットからのジャーマン・スープレックスホールドで試合を決めたが、辻が真壁のジャーマンを引き出すまでの気迫を見せた試合となった。  NJC初出場となる邪道はBULLET CLUBの同志である外道&高橋裕二郎を引き連れて試合に臨み、矢野のコーナーマット攻撃などに翻弄されつつもレフリーや凶器を上手く使った攻撃で3vs1の場面を多く作り出し曲者の矢野を追い込む。  しかし最後は外道のブラスナックル攻撃をかわした矢野が邪道&外道に634(2人同時のローブロー)を叩き込んだ上での丸め込みで勝利。矢野はBULLET CLUBとの頭脳戦を制して実質1vs3の戦いとなった試合をものにした。  本間とヒロムの“ヘビー級vsジュニアヘビー級”の戦いという今年のNJCの象徴的なカードとなったこの試合は、本間は477日、ヒロムは530日と両者首の負傷による長期欠場の経験を持つ者同士の対決。  パワーで勝る本間がエルボーやこだわりの逆水平チョップで攻め込んでいきヒロムを高角度ジャーマンで首から叩きつけるなどのハードな攻撃を見せれば、ヒロムもエプロン上でのデスバレーボムなど首に大ダメージを与える技で対抗し、両者ラリアットで正面から撃ち合う姿勢を見せる。終盤には本間が小こけし、こけしロケット、中こけしと畳み掛けてこけし落としを狙うが、これを耐えきったヒロムがTIME BOMBで叩きつけて3カウント。  メインイベントもヘビーvsジュニアの構図となるものの、石井とデスペラードは階級を超えたぶつかり合いを展開。  パワーに勝る石井が強烈なエルボーやタックルなどでデスペラードを圧倒していくものの、デスペラードは前日の試合から引き続いて石井のヒザを攻め続けて対抗。中盤には石井がパワーボムを狙って持ち上げた瞬間にヒザを押さえて倒れ込んでしまう場面も見られ、終盤には両者真っ向勝負の削り合いに。  デスペラードはヌメロ・ドスでヒザ攻めの仕上げに入るが、石井もグラウンド式ヒザ十字など普段は開けない引き出しを開けて対抗。デスペラードはギターラ・デ・アンヘルなどの大技からエル・エス・クレロなどの丸め込みまであらゆる技を出していくが、最後は石井のラリアットからの垂直落下式ブレーンバスターに沈んだ。  試合後、石井は「このトーナメント、ジュニアとかヘビーとか騒いであるけどよ、俺からしたらヘビーもジュニアも関係ねえよ。俺は新日本来る前からずっとそういう戦いをしてきたんだ。身長の大小は関係ねえんだよ。ゴチャゴチャうるせえな。もちろんよ、体の大きさで有利不利はあるよ。でもリングに上ったら関係ねえんだよ。ここだよ、ここ(胸を指差して)。本能の赴くままに戦えばいいんだよ」と石井らしい不器用ながらも熱い気持ちのこもった言葉を残した。  翌17日に配信されるNJC1回戦は、オカダ・カズチカvs外道、永田裕志vs鈴木みのる、上村優也vs金丸義信、ゲイブリエル・キッドvs石森太二の4試合。  旧師弟対決とも呼べるオカダvs外道戦、約7年ぶりのシングルマッチとなる永田vsみのる戦、常にタイトル戦線に絡むジュニア戦士の金丸、石森とヤングライオンの対決など目が離せない。

【関連記事】