Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「イナズマロック フェス」が史上初オンライン開催 西川貴教が誕生日に8時間ひとりMC

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ENCOUNT

西川貴教は50歳に、総勢28組が全国各地のライブハウスやスタジオから参戦

 滋賀ふるさと観光大使を務めるアーティスト・西川貴教が、自身の50歳の誕生日である2020年9月19日に、音楽イベント「イナズマロック フェス 2020」をオンラインで開催。滋賀県大津市にある滋賀県庁の知事室に設けた特設スタジオで午後1時から夜9時までの8時間、ひとりでMCを務め上げた。 【写真】元アイドルが「HOT LIMIT」の西川貴教に“変身” 「手作り感が最高」「発想力」と話題に 「イナズマロック フェス」は西川が発起人となり、琵琶湖の水質保全と地域創生をテーマに掲げて2009年から毎年9月に草津市烏丸半島で開催している滋賀県下最大の大型野外ライブイベントで、12年目を迎えた今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベント史上初のオンラインによる開催となった。  イベントでは、これまで「イナズマ」に出演したアーティストを中心に、「ももいろクローバーZ」、「ゴールデンボンバー」、「May J.」、「BOYS AND MEN」、「ベリーグッドマン」、「清春」、「さだまさし」ら総勢28組が、全国各地のライブハウスやスタジオから「音楽で日本を元気に!!」を合言葉に、ライブやスペシャルトークを繰り広げた。また、三日月大造滋賀県知事、滋賀県出身のボクシング第29代WBC世界バンタム級チャンピオン・山中慎介、ジャパネットたかたの高田旭人社長なども出演し、地域創生や地元の若者をサポートする仕組みについて真剣な意見交換が行われた。 「イナズマロック フェス 2020」のトップバッターは、イナズマの常連である「ももいろクローバーZ」。今年7月にオープンしたライヴ・ホール 横浜1000 CLUBから、まずは「あんた飛ばしすぎ!!」で景気良くスタート。さらに「T.M.Revolution」の「LEVEL 4」の歌詞を、一部「結婚おめでとう」などに変えて披露した。ライブ後のトークで「恋バナしようよ!」と迫るももクロのメンバーに、西川は「変な替え歌にするのやめてっ!」「オンラインだとこうなっちゃうのかな、どうしてかなぁ」とタジタジだった。  東海エリア出身・在住のメンバーで構成された9人組エンターテイメント集団「BOYS AND MEN」は、名古屋の劇場「BM THEATER」から生ライブ。「D.T.G」、「Oh Yeah」とエネルギッシュで勢いのあるステージングで魅せ、最後は「T.M.Revolution」の「HOT LIMIT」のスーツ風な衣装に着替え、手作りの「結婚おめでとう」というデコレーションとともに「ヤングマン~B.M.C.A~」で盛り上げた。  一昨年のイナズマにオープニングアクトとして出演した「ベリーグッドマン」は、地元・大阪のライブハウス Shangri-Laで「ライオン」「Dreamer」をプレーした。ライブ後のトークでメンバーが夫婦喧嘩中であることを話すと、西川は画面を通じて仲直りのメッセージを発信させるなど、気遣いを見せた。

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT