Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

のんの活動を支える「チームのん女子部」が語る“無観客”フェスの裏側

配信

エキサイトニュース

女優・創作あーちすととして活躍するのんが主催するフェス「NON KAIWA FES」。第二回目の開催は、チリヌルヲワカ、阿部真央、リーガルリリーを迎えて、2月29日に東京・EX THEATER ROPPONGIで行われる予定だった。弊サイトでも、イベント開催に向けて、のんの持ち込み企画という形で、出演者との対談を実施。ファンも本イベントを心待ちにしていたことだろう。 だが、2月26日。のんはコロナ感染拡大防止の観点から、「NON KAIWA FES vol.2」の中止を決定。ライブを無観客で行い、後日MTVでその模様をオンエアすると発表した。放送日は3月29日。今でこそ無観客ライブは多く行われているが、のんのこの決断は、非常に早いタイミングだった。 この一連の動き、その最中にいたのんの心境など、近くでずっと見てきた「チームのん女子部」のスタッフが、舞台の裏側を話してくれた。 取材・編集/田上知枝(エキサイトニュース編集部) ■のん主催フェスは「誰かに言われてやっている」のではない

――「NON KAIWA FES vol.2」(以下「のんフェス2」)の開催が決定して、出演者との対談企画「のん女子KAIWA」を提案してくださいました。そこに至る経緯を教えてください。 前回の「のんフェス」から少し期間が空き、次の開催はどうする? となった時に、のんさんから「次は女子部でやりたい」との提案があり、“「のんフェス2」女子部開催"が決定しました。のんさんを中心に、まずどういう風に「のんフェス2」を進行・宣伝をしていくかの全体会議で問題になったのが、「のんフェス2」の「女の子の怒りはポジティブなパワーになる」というテーマをどう伝えるか? です。 これまでの様々なインタビューでものんさんは“怒り”についてお話しているのですが、どうしてもこの言葉自体にネガティブなイメージが強いので、のんさんと参加アーティストとの女子会のようなトークで、このテーマをそれぞれの視点から会話できれば面白くお客様に伝わるのではと考えました。結果的に、のんさん自らが選出し、ファンに勧めたいアーティストの魅力も同時に伝えられたことがとても良かったのではないでしょうか。

【関連記事】