Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自宅でやってみよう! Part2 バランス能力を高めるトレーニング

配信

ベースボール・マガジン社WEB

JARTAの中野崇代表がパフォーマンスを引き上げる身体操作を指導する。新型コロナウイルスの感染拡大によって外で満足にトレーニングできていない皆さんへ。自宅でできるバランスを高めるトレーニングを紹介。 出典:サッカークリニック2020年5月号 文/中野崇 写真/中野崇、Getty Images

サッカーにおけるバランス能力の向上につなげるのにバランスボールが最適

 ボールの中心を捉える能力を磨き、サッカーにおけるバランス能力の向上につなげるために、私が最適と考えるのはバランスボールトレーニングです。  ただ、一般的なバランスボールトレーニングは「止まるためのバランス」に向かうことが多いので、「動き続けるためのバランス」を獲得するための方法を用いる必要があります。そのためには、以下のようなバランスボールの特徴を踏まえながら、動きを理解することが重要です。 1:バランスボールの形状  球体です。サッカーボールと同じで中は空洞です。そして、球体なので必ず物理的な中心が存在します。  バランスボールトレーニングでは足だけでなく、全身で中心を捉えることが要求されます。ボールの中心と自分の動きの関係性を密に感じとるためです。加えて、中心を捉える感覚を磨くには、身体のあらゆる場所で行なうほうが上達は早くなります。テクニックではなく、感覚の向上と全身操作の最適化が目的だからです。 2:バランスボールの材質  かなり弾力があるラバー素材です(かつ球体)。そのため自分の動きに対して、しっかりフィードバックがあります。中心をちゃんと捉えておかないと、ブレという形で分かりやすく反応を返してくるのです。中心を捉える能力を鍛えるためには、この点を最大限に利用する必要があります(※注=このトレーニングを行なうときは空気をしっかり入れ、できるだけ球体を保持できる空気圧にしておきます)。  この系統のトレーニングは、筋力がつけばできるようになる類のものではなく、脳や神経が深く関与します。それゆえ、なるべく若い年齢の時期に開始したほうがいいでしょう。

【関連記事】