Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

郷ひろみ 二谷友里恵と離婚後の交際が叩かれなかったワケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NEWS ポストセブン

 独身男性の恋愛は完全に自由なはずだが、“別れたて”の場合はそうもいかない。あまりにも早い“交際発覚”は“重なり”を疑われてハレーションを起こすことも少なくない。離婚男性の「新たな恋」は、いつから許されるのか──。

 同じ離婚後の恋愛でも、「妻に捨てられた男」の場合は周囲の反応が変わる。保阪尚希は2004年6月に高岡早紀と離婚し、翌年3月には一般女性との交際が報じられた。 「離婚のきっかけが高岡と布袋寅泰の不倫騒動だったので、保阪には同情が集まっていた。だからなのか、保阪に新恋人ができても叩く空気はなかった」(スポーツ紙デスク)  1998年4月に女優・二谷友里恵と離婚した郷ひろみも同様だ。翌年6月に一般人女性との交際が発覚した際も、バッシングより祝福ムードが強かったという。芸能レポーターの石川敏男氏が語る。 「二谷家との確執で離婚当時の郷はボロボロ。それを知っているから、交際中からファンの間では“次は幸せになってほしい”と応援する声が強かった。2000年の再婚までスムーズでした」  離婚カウンセラーで夫婦問題研究家の岡野あつこ氏も「同情を集める離婚劇だと周囲は味方になりやすい」と指摘しており、次の恋愛も許されやすくなるという。

 これは一般社会でも同じだ。ある製紙メーカーに勤める30代男性A氏は、結婚8年目の妻に「生理的に受け付けない」と離婚を切り出された。 「ショックで食事も喉を通らず、ひと月で10kg近く痩せました。ただ、そうして弱っている姿が同情を誘ったのか、職場の後輩女性が何かと世話をやいてくれるようになって……。半年もしないうちに付き合うことになったんです。しかも仕事帰りに新宿でデートしているところを同僚にあっさり見つかるという(苦笑い)。怒られるかな、と思ったんですが、泣くほど喜ばれました。“早く再婚して元妻に幸せな姿を見せつけてやれ”とまで言ってくれました」  報告を受けた上司も、「お前の苦しみは分かっている」と、交際を後押ししてくれたという。やはり「傷心の男」に世は優しいようだ。 ※週刊ポスト2020年10月2日号

【関連記事】