Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

特産のヤーコン植え付け 小矢部・北蟹谷地域活性化協議会

配信

北日本新聞

 小矢部市の北蟹谷地域活性化協議会(松本信明会長)は6日、同市内山の山間地の畑に根菜ヤーコンの苗を植えた。11月に1トンの収穫を見込む。特産品づくりのため2016年から栽培している。  同協議会や、かんだヤーコン同好会の会員ら20人が参加した。畝に穴を掘って苗を植え、丁寧に土をかけた。今年は作付面積を5アール広げて20アールとし、1800株植える。  収穫後は北蟹谷地区の交流拠点施設「村の駅きたかんだの郷」などで販売するほか加工品も作る。  同協議会は地区の耕作放棄地の増加を防ぎ、健康食材として注目されるヤーコンを特産品にしようと栽培している。

【関連記事】