Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヘッジファンドのCQS、新型コロナのパンデミックで大きな損失

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 資産家マイケル・ヒンツ氏のヘッジファンド会社、CQSのファンドは3月と4月の成績が最大45%のマイナスと過去最悪となった。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による当初の衝撃から立ち直り4月にプラス成績を確保した他のファンドに逆行した。

損失は30億ドル(約3300億円)を超え、運用資産は160億ドルとなった。顧客の資金引き揚げは6カ月前に解約請求が求められていることを考慮すれば、資産はさらに減少の可能性がある。

コンサルティング会社エイジクロフト・パートナーズの責任者、ドン・スタインブルッゲ氏は「新たな資金を集めるのはとても難しくなる」とし、「既存投資家は、今後の大規模な資金流出がファンドの質を悪化させる可能性を懸念するだろう」と話した。

ヒンツ氏が運用する「CQSディレクショナル・オポチュニティーズ」は4月に約17%、3月に33%のそれぞれマイナスとなった。ヘッジファンド・リサーチのデータによれば、ヘッジファンド全体の成績は両月で平均マイナス4.6%だった。

ファンドの投資家宛て書簡によれば、欧州と米国で新型コロナでロックダウン(都市封鎖)が広がる中、ヒンツ氏のディストレスト資産、資産担保証券、株式、ボラティリティー戦略は損失を出した。

CQSは4月に手元資金確保のため、欧州のローン担保証券(CLO)ポートフォリオを額面の約2割の価格で売却したと事情に詳しい複数の関係者が明らかにしている。

ヒンツ氏は損失について説明する4月の顧客宛て書簡で「世界の市場での売りは激しく、無差別だった」とし、「引き続き機会を探るアプローチを続けるが、新型コロナが世界経済に与える未知なる影響による短期的な困難についても認識している」と説明した。

CQSの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Billionaire Hintze’s Hedge Fund Rocked by Pandemic Losses (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Nishant Kumar, Nabila Ahmed

【関連記事】