Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スキルなしで年商25億円。20代でビッグマネーを手にした武器とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MEN’S NON-NO WEB

謙虚に自信を持ち続け、スキルなしでも年商25億円の成長企業CEOに

【塚本大地さん】 株式会社ZIZAI CEO 1993年生まれの26歳。株式会社ZIZAIのCEO。名古屋大学4年時に、共同代表の渡辺稜太氏と、株式会社ZIZAI(旧社名DUO)を設立。事業としての第一歩は、パチンコに強いYouTubeの個人チャンネルを、熱意ある説得により0円で買収。パチンコ・スロット業界に特化したアミューズメント事業と、キャラライブアプリ「IRIAM」などのVR事業を手がけ、年商は右肩上がり

売実績ゼロでも正直な熱量が伝わり、収益数千万円のアカウントを0円買収

――大学在学中に起業し、今では年商25億円の成長企業となったZIZAIですが、どんな学生時代でしたか?  不真面目な学生で、ほぼ講義に出ず、4年次に留年をしました。そのタイミングで起業して、ますます学校から遠ざかったのですが、周りに協力を得ながら一応5年で卒業。当時から人望だけはあり、友人や教授は「助けてあげてもいいか」と思ってくれたみたいです(笑)。 ――最初はどのような事業を?  個人の方が運営するパチンコ系YouTubeチャンネルの買収です。すでに年間数千万円の収益を上げるアカウントだったのですが、会いに行ったその日に0円で譲ってもらいました。  ネットで見つけて、会いに行くまで1か月間先方に毎日スカイプし続け、「なぜこのアカウントが欲しいか」「どのような利益を出すか」というビジョンを正直に話しました。熱意と信頼感が伝わったのだと思います。もちろん譲渡いただいた後、利益を伸ばし、その方にも利益配分で年間数億円を渡していました ――創業時からパチンコ分野に目をつけた理由は?  普通の大学生が勝てる分野を考えたときに、この業界なら勝てると思ったからです。約20兆円の大きな市場規模で、まだ伸びる余地があり、トレンドのYouTubeも使えるので。今もパチンコ・スロットに特化したYouTubeチャンネルやメディア運営は続けています。  その後パチンコ分野と同じ理論でVR事業でも勝てると確信し、参入しました。VRも市場規模が大きいですが、まだ成熟しきっておらず、YouTubeでも配信可能です。現在は新たなジャンルのYouTubeチャンネルの発掘や、キャラクターになりきって配信できるキャラライブアプリなどに投資しています

【関連記事】