Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

周南の「キッチンリコ」が移転 中庭のある店内でワインに合う料理提供

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 イタリア料理店「Kitchen RICO(キッチン リコ)」(周南市若宮町2、TEL 0834-34-9833)が8月18日、PH通り近くに移転オープンした。(周南経済新聞) 【写真】ワインに合う肉料理をそろえたディナーコース  2016(平成28)年6月、店主の坂口聡さんは、周南市のみなみ銀座商店街の駅近くに、妻と共に同店をオープン。夫婦ともソムリエの資格を持っており、ワインに合うイタリア料理を提供し、駅周辺で働く女性を中心に人気を得ていた。徳山駅前地区市街地の再開発事業に伴い、同場所に移転した。  移転先は、2階にオーガニックカフェ「kupu(クプ)」がある、小料理店跡。コンクリート打ちっぱなしの店内奥には、緑あふれる中庭が広がっており、開放的な空間になっている。テーブル席20席、カウンター席5席、テラス席8席。坂口さんは「前の店舗より席数は4席増えただけだが、広さは2倍になり、常連さんからも雰囲気がいいと好評」と話す。  ランチメニューは、前菜の盛り合わせとパスタ、デザート、ドリンクのセット「パスタランチ」(1,500円)、「カルネ(肉料理)ランチ」(1,800円)、パスタとサラダ、スープがセットになった「ビジネスランチ」(900円)など。  ディナーメニューは、「真コチのアクアパッツァ」「長萩和牛すね肉と夏野菜のポトフ」(以上、1,800円)、「低温で調理した子羊背肉(ローズマリー風のソース)」(2,200円)などのメイン料理や「穴子のスモークとズッキーニのパッケリ」「ハモと焼きナスのオイルソース スパゲティ」(以上、1,400円)「自家製ジェノベーゼ エリーケ」(1,300円)などのパスタ、「太刀魚のカルパッチョ」「アユのコンフィ」(以上、900円)などを用意する。  ワインは、イタリア、フランスなどヨーロッパを中心に世界各国のものを取りそろえており、グラスワイン(700円~)はスパークリングワイン1種、赤ワイン4種、白ワイン4種を用意。ボトルワイン(3,500円~)もある。  坂口さんは「ワインに合う料理をそろえているので、中庭のある開放的な空間で、友人や大切な人と食事を楽しんでいただけたら」と呼び掛ける。  営業時間は、ランチ=12時~14時、ディナー=18時~22時(土曜=16時~22時)。日曜・祝日定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】