Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

earth社セクハラ問題、実名ブログ書いた女性社員の“意表つく告白” 「わたし加害者だったんじゃ…」

配信

withnews

人気ブランド「アースミュージック&エコロジー」を手がけるアパレル大手「ストライプインターナショナル」(岡山市)。創業者で当時社長だった石川康晴氏は、女性社員らへのセクハラなどの問題が3月に報じられると、「報道でお騒がせしたため」との理由で、務めていた政府の男女共同参画会議の議員を辞任し、その翌々日、社長を辞任しました。セクハラは公式には認めないまま、いまは大株主として、オーナーの肩書です。それから2カ月後、現役の女性社員の実名ブログが投稿されました。「わたし加害者だったんじゃなかろうか」。その意表をつく告白は、セクハラ問題を記事にした自分のモヤモヤにも重なるものを感じました。どんな思いで書いたのか? 二宮朋子さん(ストライプインターナショナル社員)に会って話を聞きました。(朝日新聞経済部記者・藤崎麻里) 【画像】セクハラ問題、実名ブログで描かれたマンガ

「自分に誠実でいたい。関わった人に次会ったとき、目を見て話したい」

――なぜ発信しようと思ったのですか。 「管理職として何もできなかったということが大きいです。私は人事課長だったので、(採用のための)説明会で会社の良さとか、会社の未来とかを話してきました。それで入ってきてくれた人たち、研修で教育した人たち、『ダイバーシティーの活動しているから入社しました』っていう人たちの顔が浮かび、ここでだんまりはない、と思ったのです」 「私は直接の被害者ではありませんが、中の人間として違和感がありました。どちらかというと(見過ごしたという意味で)加害側だったかもしれない。そう思ったことを発信したいと。それはストライプで頑張ってくれてるメンバーたちへの思いでもありますし、(セクハラやジェンダーなどにかかわる発言で)無邪気に傷つけてくるような人たちに『自分も加害者かも』って気づいてほしい気持ちがあるからです」 ――いち社員としての発信するのは怖くなかったですか。 「具体的に何をしたいということがあったわけではないのです。ただなんだろう、気持ちがあふれたというしかないのですが。過ぎたことや終わったことにするの? 一つの会社のことなの?っていう違和感を口にしたかったのが正直な思いでした」 「私自身、結婚後に雇い止めにあったことがあります。訴えることも考えましたが、訴えをおこすことで次の就職先が見つからなかったらと思ってやめました。そういうのが自分のなかで残っていたかもしれません」 「自分の傷を見えないように隠してまで何をしたいのだろう。気持ちにふたをしてまで得たいものってなんだろうって思ったんです。それよりはやっぱり自分の子どもに誇れる自分でありたいと思ったし、自分が5年後、10年後の自分を好きでいられるかだな、と。自分に誠実でいたいし、やっぱり関わった人に次会ったとき、目を見て話したいと思いました」

【関連記事】