Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渡哲也さんに贈られた百恵さんのマイク 三浦友和が真相語る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NEWS ポストセブン

 今年7月に肺炎のため亡くなった渡哲也さん(享年78)。昭和の伝説的な歌手・山口百恵さん(61才)との、知られざるエピソードがある――。 【写真】伝説の白マイクの真相を明かした三浦友和

《もう私には必要ありませんが、渡さんがいつかステージで歌われるとき、どうか使ってください…》  1980年10月、百恵さんは日本武道館の引退コンサートで『さよならの向う側』を歌い終え、ゆっくりとステージ中央に白いマイクを置いた。  翌1981年のクリスマス。百恵さんは夫の三浦友和(68才)と渡さんの家を訪れ、冒頭の言葉を記した手紙とともに、その白いマイクを贈ったという。石原プロ関係者が言う。 「しばらく石原裕次郎記念館(北海道小樽市)に飾られましたが、百恵さんの周辺から“私的なプレゼントなので展示は控えてほしい”と伝えられ、渡さんの手元に戻ってきたそうです」  一方で、「白いマイクは三浦家にずっとあった」という説もある。 「長男の三浦祐太朗(36才)が2019年7月、『金スマ』(TBS系)に出演した際、マイクはリビングのショーケースに入っていて、それで歌真似をして遊んでいたと話しました。貴重なものにもかかわらず、特に叱られなかったそうです。その価値に気づいたのは思春期に入ってからだと語り、笑いを取っていました」(テレビ局関係者)  伝説のマイクの行方を知る三浦友和にどちらが真相か尋ねると、「両方とも存在しているんです」と意外な答えが。 「実は、コンサート当日に使ったマイクは何本かあるんです。基本はすべて自宅で保管していますが、唯一、渡さんだけにその中の1本をお渡しさせていただきました。『西部警察』で初めて共演する前から、私たち夫婦は渡さんのファンでしたから」

 とはいえ、多くの人の記憶に残るのは、ステージに置かれた“伝説の白マイク”。改めて三浦に聞くと、 「自宅にあるのと渡さんに贈ったマイクのどちらがステージに置いたものかは、よくわからないんです。同じようなマイクなのでね」  とのこと。行方がつかめないのも伝説たる所以かもしれない。 ※女性セブン2020年9月10日号

【関連記事】