Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

やはり楽天よりあの巨人?コロナ禍で総合EC利用頻度が3割増の実態

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

新型コロナウイルスの流行による緊急事態宣言下で、もっとも総合ECサイトの利用頻度が上がったのは、10~20代の若年層──。 【全画像をみる】やはり楽天よりあの巨人?コロナ禍で総合EC利用頻度が3割増の実態 MMD研究所とスマートアンサーが18~69歳を対象に実施した、アマゾンや楽天など、総合ECサイトの利用動向に関する調査(※)によると、全体の3割程度の人がコロナ禍で総合ECサイトの利用頻度が増加傾向にあることが明らかになった。中でも最も利用頻度が増したのは10~20代の若年層で、4割近くの利用頻度が上がっていた。 調査では、もっとも利用されているECサービスも判明。テレビ会議中にAmazonで購入した商品が届くという新しい風景も見慣れてきた昨今。コロナ禍での利用頻度や高額転売商品の購入経験などの実態とは? ※MMD研究所とスマート アンサーは、5月13~18日にかけて、スマートフォンをもつ18歳~69歳の男女2128人を対象に、Amazonや楽天など、総合ECサイトの利用動向に関する調査を実施。(記事では小数点以下を切り捨て)。ZOZOTOWN、ニッセン、メーカー・ブランド公式(ユニクロ、ニトリ等)、小売店公式(ヨドバシカメラドットコム等)などの一部に特化したECや、メルカリなどのフリマアプリは調査対象から除かれている。

3割が利用頻度増加も、ユーザーは楽天よりAmazon派

調査では、全体の3割程度の人が総合ECサイトの利用頻度が増加傾向にあると回答。 最も利用頻度が増したのは、10~20代の若年層。36%から「増えた」「やや増えた」との回答が得られた。 年代が上がるにつれて利用頻度の増加傾向は低下しているとはいえ、60代でも27%で利用頻度が増加傾向にあると回答している。全年代で平均的に利用頻度は増加していると言えそうだ。 MMD研究所の担当者は、Business Insider Japanの取材に対して、 「単純に外出できなくなったことでネット利用が増えたのでは」 と新型コロナウイルスの流行や、それに伴う緊急事態宣言で外出が少なくなったことが影響しているのではないかと話す。 また、実際に利用しているサービスの割合を見ると、Amazonの71%に対して楽天は63%と健闘。Yahooショッピングは38%と引き離された結果となった。 一方で、メインユースしている総合ECに限ると、最も割合が高かったのはAmazonで52%。楽天は28%、Yahooショッピングに至っては11%と落ち込んだ。 この3つの総合ECの認知度はどれも90%を超えていることからも、やはりAmazonが頭一つ抜けたサービスとして定着していることが分かる結果となった。

【関連記事】