Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

[インタビュー]「権威主義者の菅氏、韓日関係改善に大きな動きはないだろう」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ハンギョレ新聞

若手政治学者、上智大学の中野晃一教授  総選挙での有権者による選択の前は仮免許も同然 地方出身の庶民イメージを連日報道 世論調査、異常な現象があらわに 憲法改正など安倍政権の政策を継承 衆院解散、迅速な推進を予想

 「菅政権でも安倍首相も引き続き影響力を持つだろうし、まさにそのために菅氏を後継にしたのだと思う」  日本の若手政治学者である上智大学国際教養学部(比較政治)の中野晃一教授(50)が14日、ハンギョレとの書面インタビューで、菅義偉自民党新総裁の当選に関して「安倍政権を継承するのに最適の人物だから後継として選ばれた」ときっぱりと言った。「安倍政権シーズン2」となる可能性が高いという話だ。「総選挙で有権者全体の信任を得るまでは、(菅政権は)仮免許ということにならざるを得ない」と強調した。中野教授は安倍政府が推進した平和憲法改定に反対しており、昨年韓日関係が最悪に突き進んだ当時、東京大学の和田春樹名誉教授などが参加した「韓国は敵なのか」という署名に参加した日本の知識人77人のうちの1人だ。 -菅総裁は、安倍政権を継承すると明らかにした。菅政権の1年はどうなる?  「安倍政権を継承するのに最適の人物だから後継に選ばれただけ。安倍政権の中核に8年近くずっといたので、あまり目新しいことは出てこないと思う。経済政策で支持を広げようとするものと考えられる。憲法改正や敵基地攻撃能力などの問題は、安倍政権の姿勢を踏襲すると思うが、安倍氏ほどの思い入れがあるわけではないので、積極的に追求することはないと思われる」 -菅総裁は1年後、再び首相に挑戦するか。  「それは間違いないと思う」 -首相を決める自民党総裁選挙が党員の投票なしに国会議員を中心に行われた。  「党員投票で選んだところで、党員は日本の有権者のごく一握りなので、民主的な見せかけになるだけで、実際には全く民主的ではない。いずれにしても、(菅政権は)総選挙で有権者全体の信任を得るまでは仮免許ということにならざるを得ない」 -自民党内の7派閥のうち5つが菅氏を支持した。  「(派閥だけでなく)安倍首相も引き続き影響力を持つだろうし、まさにそのために菅氏を後継にしたのだと思う。よほど一般有権者の支持を獲得しない限り、派閥の言うことを聞かざるを得ないはずだ」 -昨年から、いろいろな「ポスト安倍」世論調査で石破元幹事長が1位になってきた。しかし、菅氏の事実上の当選が有力になり、世論調査でも菅氏が1位になった。  「日本の世論調査がいかにあてにならないかがよくわかる。この異常な現象を理解する唯一の説明は、この間ずっとニュース番組に限らずいわゆる情報番組が、菅氏を好意的に取り上げる番組を流しつづけているからということ。パンケーキが好きだとか、秋田出身の庶民派の苦労人だとか。しかも菅首相で決まり、という見通しが繰り返されて、支持率が急上昇した」 -菅総裁の首相就任後、内閣や自民党の人事がある。衆議院解散の話も出ているが。  「解散総選挙を意識して、河野太郎氏や小泉進次郎氏のような比較的若い政治家を目立つポストや官房長官に任命する可能性がある。今、急上昇した支持率が維持できるならば、直ちに総選挙を仕掛けてくると思う」 -菅政権での韓日関係はどうなるか。  「残念ながら改善は望めないと思う。菅氏は安倍首相ほどの歴史修正主義者でもタカ派でもないが、権威主義者であることは間違いなく、外交の経験も知識もないので、大きな動きに出ることは期待できない」。 -韓日関係を変化させるために何が必要だと思うか。  「何よりも日本政府が歴史と向き合い、真摯な姿勢で補償や謝罪に応じることだ。韓国の方たちにお願いするとしたら、徴用工や日本軍『慰安婦』問題をナショナリズムの観点からではなく、あくまでも重大な人権侵害の観点から追及していただきたい。ナショナリズムは日本のナショナリズムを悪化させ、問題の解決を遠のかせてしまうと感じている」 キム・ソヨン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

【関連記事】