Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日産GT-R、普通では見ることができない「スペシャルな2台」

配信

MONEY PLUS

2001年10月24日、東京モーターショーの初日、日産プレスカンファレンスで突然、デザインスタディモデルが発表され、進化してきた車両型式R35「GT-R(以下GT-R)」。それから約20年経ち、世界中でいまだにファンの心を熱くしているGT-Rは、ついに2022年の生産終了(予定)に向けたカウントダウンが始まりました。 【写真】GT-Rニスモと並走するカメラカー

GT-Rを捉えられるのはGT-Rだけ?

日産にとって技術的支柱とも言えるGT-R。その果たす役割はいまだに多いと思います。デザインコンセプトの発表から始まり、紆余曲折を経て、ようやく2007年の第40回東京モーターショーで量産型が正式発表されたGT-R。浜松郊外にある小さなサーキットでその初代モデルを試し、感動した話などは、最新の2020年モデル試乗レポートの冒頭で触れたとおりです。そしてGT-Rに関するニュースはその後も届いていて、相変わらず注目度の高さを示しています。 最初の話題は“GT-Rを撮影するGT-R”です。当然のことですがGT-Rは世界で発売されるスーパースポーツですから、各国の自動車メディアに対しても試乗会を開催します。そして持てるパフォーマンスを存分に引き出すためにサーキットがその舞台として選ばれることも多いのです。 さらにコマーシャルなどの撮影もサーキットなどのクローズドコースで、万全の安全体制のもとに行われることが多いと言えます。今回の撮影の話題ですが、舞台となったのは、ドイツのサーキット「ユーロスピードウェイ・ラウジッツ」です。ここでGT-Rの最強モデル、GT-Rニスモ2020年モデル(以下、GT-Rニスモ)のキモとなる走行シーンを撮影したカメラカーが、これまたGT-Rだったというお話です。 通常、このテの撮影をこなすためのカメラカーと言えば、ビッグパワーの高性能SUVとかピックアップトラックなどをベースに改造されたものがほとんどです。しかし、GT-Rニスモと併走しながら撮影すること、それもサーキットという極限の舞台で、抜きつ抜かれつを繰り返しながら撮影を行うのですから、カメラカーにもそれなりの走りが求められます。正直、従来のピックアップトラックなどでは、スーパースポーツの加速やコーナリングにはとてもついて行けないのです。

【関連記事】