Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

歴史的惨敗のバルサCBピケ 会長の交代を要求「監督や選手の話ではない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SPORT.es

FCバルセロナのCBジェラール・ピケはバイエルン・ミュンヘンに2-8で敗れた歴史的大敗を隠さず「ひどい試合だった、ひどい気持ちだ、恥という言葉がある」と『Movistar』に語った。 バルサ、史上最悪衝撃の8失点惨敗 3季連続で無残に散る 「このままでは勝負にならない、このままではヨーロッパを取ることはできない、1回目でも2回目でも3回目でもない、それが助けになることを願っている」とピケは心のこもったスピーチを続けた。 ■会長交代を求め、クラブ内部の改善を申し出る ピケは問題がすべてのレベルにあることを明らかにしている。「すべての人が反省しなければならない。クラブが変わる必要があると思う。監督や選手の話ではない。構造的にクラブはあらゆる種類の変化を必要としていると思う」 彼は必要に応じて退団も辞さないと明かした。「誰も必要不可欠ではない。もし新しい血が来て、このダイナミックな動きを変えるのであれば、私は自分自身を提供する最初の人だ」 カタルーニャのディフェンダーは、「今、我々はどん底に落ちてしまった。私が最初に受け止めることにした」とマイクの前に立つ理由を話した。 「私たちは皆、内部で反省し、クラブにとって、バルセロナにとって何がベストなのかを決定しなければならない」 「ヨーロッパでは勝負にならないし、リーグ戦では何も得られない。もうカバーはできない」 「サイクルの終わり?そうだ、構造的な変更が行われなければならない」と語った。

SPORT

【関連記事】