Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

役員報酬1億円以上開示、17日は1社2人増 2020年3月期決算 上場企業

配信

東京商工リサーチ

イビデンが初の開示

 6月17日17時までに、2020年3月期決算の有価証券報告書の提出が確認されたのは53社だった。  このうち、役員報酬1億円以上を開示したのは、インテル向けICパッケージ基板製造が好調なイビデン1社で、開示人数は2人だった。累計では5社・8人に増えた。  イビデンの役員報酬は、竹中裕紀会長と青木武志社長が各1億1,300万円だった。開示制度が始まった2010年3月期決算以降、役員報酬1億円以上の開示はイビデンとしても、竹中会長、青木社長も初めて。 ※ 役員報酬1億円以上の開示は、「改正企業内容等の開示に関する内閣府令」に基づき、2010年3月期決算より報酬等の総額、報酬等の種類別(基本報酬・ストックオプション・賞与・退職慰労金等の区分)の総額を有価証券報告書に記載することが義務付けられた。