Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】肉厚&みずみずしい、栄養満点のパプリカをおいしく食す2品

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

写真・文/矢崎海里 パプリカは、オランダから伝わった野菜。 通常韓国産やオランダ産など輸入品が売り場に並んでいますが、6~8月は旬を迎え、宮城県や茨城県、熊本県産など国産が流通します。

パプリカとピーマンの違いはご存じですか? パプリカはピーマンに比べ果実が大きく、果肉が厚いことが特徴です。 甘みが強く、みずみずしいのでサラダなど生食に向いています。 今回は、旬のパプリカを使ったレシピをご紹介します。

パプリカのピクルス

【材料】(1人分) 赤パプリカ 1/4個 黄パプリカ 1/4個 ★酢 100cc ★砂糖 大さじ1/2 ★塩 ひとつまみ 【作り方】 1.パプリカは食べやすい大きさに縦に切る。 2.★の材料を火にかけ、砂糖を溶かしながら沸騰させる。沸いたら火を止める。 3.2の液が冷めたらパプリカと合わせ、保存容器に入れ冷蔵庫で保存する。1時間後から食べ頃です。 火を通していないため、パプリカの甘みやみずみずしさを存分に味わえるレシピです。 彩りもよいので、お弁当のおかずや食卓のもう一品にも活用できます。 加熱殺菌していないため、長期保存向きのレシピではないので注意して下さい。 清潔な容器に入れ、冷蔵庫で1週間程度保存できます。 パプリカはピーマンと比べ、ビタミンも優れています。 特に赤色がおすすめです。 ビタミンCは緑ピーマンの約2倍、ビタミンEは5倍。 未熟の緑から赤・黄などに熟すことで青臭さが消えるため、ピーマンが苦手な方も食べやすい野菜です。 食塩相当量:0.3g

牛肉とパプリカのマヨネーズ炒め

【材料】(1人分) 牛小間 100g 赤パプリカ 1/4個 黄パプリカ 1/4個 じゃがいも 中1/2個 マヨネーズ 大さじ1 顆粒コンソメ 小さじ1/3 胡椒 少々 パセリ 少々 【作り方】 1.じゃがいも、パプリカは千切りにする。 2.フライパンにマヨネーズを入れ、火を付ける。中火でマヨネーズを溶かしたらじゃがいもを入れ、炒める。

【関連記事】