Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

会員が心込め作成「必要な人に」 久喜市商工会女性部、手作りマスクなど1435枚を市に寄贈

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、マスクが必要な人に役立ててほしいと、埼玉県の久喜市商工会女性部は4日、手作りマスクなど1435枚を市に寄贈した。 <新型肺炎>中3女子、手作りマスク120枚を寄付 得意でない裁縫に挑戦「必要な人に役立てて」

 コロナ禍の取り組みとして、会員210人が手作りマスクを作成。不織布マスクを加え市に寄贈した。  埼玉保育教育学院学院長の杉田栄子同女性部長は「会員が心を込めて作ったマスク。まだまだ必要としている方々が多く、有効に役立ててほしい」と話している。

【関連記事】