Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【投資用のワンルームが被災】その時どうすべきか 実体験をもとに「対応」と「備え」について解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーの達人

今回は私に突然降りかかってきたワンルームマンション火災という出来事についてお話しします。 といっても火災保険の仕組みなどを解説するわけではありません。 なぜなら私は損害保険の専門家ではありませんし、また、その際の保険会社との交渉はほとんど管理会社に代行してもらいました。 実際のところ、管理会社から説明を受けた部分以外は、私自身は詳しい内容を知りません。 つまり、保険金が新価(再調達価格)分として要求額の満額支払われて、結果的にオーナー側である私の申し出通りになったということです。 そこで、今回は突然襲ってくる火災や火災保険についての心構えなど、私の周辺で起こった出来事を踏まえながら述べていきたいと思います。

ある日1本の電話が鳴った「マンションで火災発生です」

平成25年8月某日、携帯電話が鳴り始めました。 仕事中の私が電話をとると、 「管理会社の者です。数時間前にお持ちの賃貸用マンションで火災が発生しました。」 「ええっ?」 私はしばらく絶句しましたが、急いでその内容の報告を受けました。 火災は賃借人のタバコの不始末から発生し、台所を中心に火の手があがったとのことでした。 ただし、全体的にいえば「ボヤ」といえる程度で、部屋全体には火災の範囲は及んでいないとのことでした。 私は火災保険に入っていたので、保険会社との連絡状況等を管理会社に聞きました。 しかし、自分がまさか火災に見舞われるとは思ってもおらず、かなり心拍数が上がったのを覚えています。

「保険金は払えない」とはどういうことか

数日後に、また管理会社の担当者から連絡がありました。 ところがその内容は、 「契約している火災保険の損害保険会社担当者が、保険金は払えないと言っている」 とのにわかには信じられない内容でした。 管理会社側が、損害保険会社側と保険金請求の話を開始したところ、どうも賃借人に重大な過失があるので払えないと言っているようでした。 いわゆる免責事項にあたる話です。 いま考えると賃借人が賠償保険に入っていなかったことも、その要因としてあったのかもしれません。 少し冷静になると、後管理会社に次の通り話しました。 (1) タバコの火の不始末が保険金を払えないような「重大な過失」に該当するとは、私のような一般人が考えると納得できない。 (2) 保険会社があくまでもそう主張するのなら、話し合いにオーナーである自分も加えて欲しい。 という趣旨です。 私は電話を切ったあと、次のように考えました。 (1) 保険会社との話し合いには、場合によっては弁護士などの代理人を立てたほうがよいかもしれない。 (2) 賃借人との直接交渉になった場合には、長い協議になるかもしれない。代理人が必要かもしれない。 火災後のリフォームは台所周辺の水回りを中心に、かなりの箇所を修復する必要がありました。 住居の水回り関係のリフォームには費用がかかります。 システムキッチン全体を取り換える必要もあり費用は数百万円単位になるので、そのことでかなりのストレスを感じながら日々を過ごしていました。

【関連記事】