Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

美奈子、コロナ給付金「80万円」もらったのに家計は「大赤字」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

「『新型コロナで家から出られなくなり、家族仲が悪くなった』というお話をよく聞きますけど、私たちは、むしろ逆。家族の絆が深まりました」  そう語るのは、『痛快! ビッグダディ』(テレビ朝日系)シリーズで知られる、タレントの美奈子(37)だ。  9月19日、東京都中野区の中野セントラルパークで、子ども支援企画「かき氷DAYS2020」が開催された。イベントでは、中野区内の子ども食堂を支援するために、協賛企業から福島県産の精米1トンが寄付され、贈呈式に美奈子もプレゼンターとして参加した。  独立した長女と長男をのぞき、6人もの子供を、夫である元プロレスラーの佐々木義人氏(38)と育てる美奈子。とくに、コロナ禍での感染対策には苦労したという。 美奈子(以下・美)「インフルエンザもそうなんですけど、大家族って、1人がかかると、みんなかかってしまうんですよ。家族がクラスターになってしまう。だから、家族で1人もかからないようにするしかないんです。出来る限り外に出さないようにして、アルコール消毒も徹底しました」 佐々木氏(以下・佐)「子供たちは家からほとんど出ず、僕たちが買い物に行って帰るぐらいでした。これまでは、子供たちが家に帰ってきたら『手洗い、うがいした?』って聞かないといけなかったのですが、今は、聞かなくても自主的にやってくれます」 美「あとは、回し飲みをしなくなりました。うちは食事のときでも、コップ1個で回し飲みしていたんです。それがなくなって、1人1個のコップを使うようになりました。1つのものを2人で食べるのも、やめましたよ」  マスクが手に入らない時期は、自作していたという。 美「子供用マスクが手に入らなくて、大変でしたよ。自作しようにも、耳をかけるところに使うゴムひもすら、ハンドメイドのマスクが流行ったおかげで手に入らなかったんです。  そこで、ストッキングを有効活用しました。耳が痛くなくておすすめですよ。子供たちは最初のころ、嫌がって外そうとしてましたけどね(笑)」

【関連記事】