Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

安田峰俊著『「低度」外国人材 移民焼畑国家、日本』(角川書店)

安田峰俊著『「低度」外国人材 移民焼畑国家、日本』(角川書店)

【書評】「記号」ではなく「人間」として描く外国人労働者:安田峰俊著『「低度」外国人材 移民焼畑国家、日本』

こんな記事も読まれています

  1. 1

    がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」

    ねとらぼ

  2. 2

    コロナ下、長良川鵜飼開幕 岐阜市で船内飲食も解禁

    共同通信

  3. 3

    「がんになって良かった」京大院生の山口さん23歳で他界 生き抜くこととユーモアの発信続けて

    京都新聞

  4. 4

    甘酸っぱい香り漂う 梅の塩漬け真っ盛り

    紀伊民報

  5. 5

    岩井友見「私の手をしっかりと握り…」 夫・船戸順さん最期の言葉明かす

    日刊スポーツ

あわせて読みたい

  1. 米国企業が「デフレ」に強く、日本企業が「インフレ」に強い、納得の理由
    現代ビジネス6/19(土)5:02
  2. 【新刊紹介】今もマッカーサーに支配される日本経済:田中秀臣著『脱GHQ史観の経済学』
    nippon.com6/21(月)15:30
  3. 日本企業の腐敗構造を見事に探り当てた書――『保身 積水ハウス、クーデターの深層』 藤岡 雅著 書評
    Book Bang6/21(月)12:00
  4. 「人を殺してもへっちゃらで…」無免許“死亡ひき逃げ”ベトナム人は技能実習先でも“問題人物”だった
    文春オンライン6/15(火)17:12
  5. アラブの裏の顔──被害者が加害者にもなり得るという現実:アラブ世界の「現代の奴隷制度」を考える
    ニューズウィーク日本版6/15(火)19:28