Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ペットがいたずらしても倒れにくい転倒防止構造を新採用!外出先から様子確認ができるパナソニックの「HDペットカメラKX-HDN215」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
@DIME

パナソニックは、ペットにいたずらされても倒れにくい「転倒防止構造」を採用した「HDペットカメラKX-HDN215」を8月20日に発売する。価格はオープン。予想実勢価格は25,000円前後(税別)。 本製品は、200万画素高画質カメラと自動追尾機能を搭載したペットカメラ。留守中のペットの様子を外出先のスマートフォンから200万画素の画質で見ることができるほか、「ホームネットワークW」アプリケーションを使って、外出先からカメラを上下左右に動かして左右約360度、上下約90度の広範囲を見渡すことが可能。さらに、動作センサーと赤外線センサーにより、ペットの動きを検出した方向にカメラが自動的に向く自動追尾機能を搭載しているので、動くペットの様子をとらえることができるのだ。 また、本機の底面に特殊な吸盤を装着した「転倒防止構造」を新採用。ペットにいたずらされても倒れにくい構造となっているので、安心して外出先からペットの様子を見守ることができる。 そのほか、トイレや水飲み場など登録した場所にペットが一定時間立ち寄った映像を簡単に確認できる「行動ログ」と、1日1動画を自動でランダムに選んで先頭の5秒間をつないで再生する「一週間ダイジェスト」機能も新たに搭載。留守中のペットの様子や意外な姿を簡単に確認することができる。 出力映像はフルHD(1920×1080)、HD(1280×720)、VGA(640×480)の3種類から選択可能。映像を記録、保存するにはmicroSDカード(別売)が必要で、最大記録容量(ファイル数)は約65,000件(全体ファイル容量がmicroSDカード容量を超えない場合)。本体サイズは約高さ133×幅98×奥行98mm、質量は約450g。 関連情報 https://panasonic.jp/hns/ 構成/立原尚子

@DIME

【関連記事】