Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イマドキの若者が1回のデートにかけるお金、大学4年生は平均3434円、社会人1年生の平均額は?

配信

@DIME

少なからず存在する、大学4年生と社会人1年生の金銭感覚の違い。 その違いの具体的な内容を知るべくこのほど、GMOあおぞらネット銀行株式会社による、大学4年生500名と社会人1年生500名の計1,000名を対象にした、「収入・支出・投資・借金」に関する意識調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。 現在の1ヶ月の収入額 大学4年生「平均8.4万円」、社会人1年生「平均17.9万円」 全国の大学4年生500名と社会人1年生500名の計1,000名(全回答者)を対象に、現在の1ヶ月の収入額を尋ねる調査が行われたところ、大学4年生では平均8.4万円、社会人1年生では17.9万円となった。 大学4年生の収入内訳 アルバイト代「平均4.7万円」、おこづかい・仕送り「平均1.9万円」 1ヶ月の収入の内訳をみると、大学4年生では、「おこづかい・仕送り 平均1.9万円」、「アルバイト代 平均4.7万円」、「その他の収入 平均1.8万円」だった。他方、社会人1年生では「おこづかい・仕送り 平均0.5万円」、「給料 平均14.6万円」、「その他の収入 平均2.8万円」という結果に。 一人前の社会人だと思う年収のイメージ 大学4年生「平均434万円」、社会人1年生「平均404万円」 このくらいもらっていると一人前の社会人だと思う年収について尋ねる調査が行われたところ、大学4年生では「300万円」(23.2%)や「400万円」(23.6%)、「500万円」(19.8%)に回答が集まり、平均は434万円だった。他方、社会人1年生では「300万円」(28.4%)や「400万円」(20.4%)に回答が集まり、平均は404万円だった。 高年収だと思う年収のイメージ 大学4年生は平均833万円、社会人1年生は平均791万円 また、このくらいもらっていると高年収だと思う年収を尋ねる調査が行われたところ、大学4年生・社会人1年生とも「1,000万円」(大学4年生25.2%、社会人1年生21.6%)に最も多くの回答が集まったほか、「800万円」(大学4年生21.2%、社会人1年生17.4%)にも回答が集まり、平均は大学4年生833万円、社会人1年生791万円となった。 自由に使えるお金は1ヶ月いくら? 大学4年生「平均3万円」、社会人1年生は「平均5.3万円」 1ヶ月に自由に使えるお金はいくらくらいか尋ねる調査が行われたところ、大学4年生では平均30,614円、社会人1年生では平均53,638円で、社会人1年生のほうが23,024円高くなった。 男女別にみると、1ヶ月に自由に使えるお金の平均は、大学4年生では男性より女性のほうが高い傾向がみられ、男性は28,000円、女性は33,228円だった。一方、社会人1年生では女性より男性のほうが高い傾向がみられ、男性56,836円、女性50,440円だった。 1ヶ月に自由に使えるお金に対して、どのくらいの人が満足しているのだろうか。 1ヶ月に自由に使えるお金の金額について、満足か不満か尋ねる調査が行われたところ、大学4年生では「満足」が17.4%、「やや満足」が25.4%で、合計するとおおむね満足(計)している層は42.8%となった。 対して、「不満」は9.6%、「やや不満」は19.8%で、合計したおおむね不満(計)という層は29.4%で、満足している層が不満な層を大きく上回る結果となった。 他方、社会人1年生ではおおむね満足している層は「37.4%」、おおむね不満な層は35.2%と、両者が拮抗する結果となった。 1回のデートにかけているお金 大学4年生「平均3,434円」、社会人1年生「平均4,510円」 1回のデートで使っているお金はいくらくらいか尋ねる調査が行われたところ、大学4年生では平均3,434円、社会人1年生では平均4,510円と、社会人1年生のほうが1,076円高くなった。 男女別にみると、大学4年生の男性では平均3,608円と、女性(3,260円)と比べて348円高く、社会人1年生の男性では平均5,592円と、女性(3,428円)と比べて2,164円高くなった。 デート代の支払いについて、おごるほうが多いか、おごってもらうほうが多いか尋ねる調査が行われたところ、男性では大学4年生・社会人1年生とも「どちらともいえない(割り勘が多い)」(大学4年生57.2%、社会人1年生56.4%)が最も高く、次いで、『おごるほうが多い(計)』(「おごるほうが多い」と「ややおごるほうが多い」の合計)(大学4年生36.0%、社会人1年生35.2%)、『おごってもらうほうが多い(計)』(「おごってもらうほうが多い」と「ややおごってもらうほうが多い」の合計)(大学4年生6.8%、社会人1年生8.4%)となった。 他方、女性では大学4年生・社会人1年生とも「どちらともいえない(割り勘が多い)」(大学4年生60.4%、社会人1年生57.6%)が男性と同様に最も高く、次いで、『おごってもらうほうが多い(計)』(大学4年生33.2%、社会人1年生36.4%)、『おごるほうが多い(計)』(大学4年生6.4%、社会人1年生6.0%)が続く結果となった。 1回の飲み会に使うお金 大学4年生は平均3,212円、社会人1年生は平均3,840円 1回の飲み会で使っているお金はいくらくらいか尋ねる調査が行われたところ、大学4年生では「3千円」(36.4%)に最も多くの回答が集まり、平均は3,212円だった。他方、社会人1年生では「0円」(23.8%)や「3千円」(19.8%)、「5千円」(22.0%)などに回答が分かれ、平均は3,840円だった。 1ヶ月に趣味のために使うお金はいくら? 大学4年生は平均12,076円、社会人1年生は平均16,388円 1ヶ月に自分の趣味のために使っているお金はいくらくらいか尋ねる調査が行われたところ、大学4年生・社会人1年生とも「1万円」(大学4年生18.6%、社会人1年生21.2%)に最も多くの回答が集まり、平均は大学4年生12,076円、社会人1年生16,388円だった。 大学4年生の16%、社会人1年生の27%が投資を実践中 続いて、投資について調査が行われた。 現在の投資の状況をみると、「投資をしている」人の割合は、大学4年生では「16.4%」、社会人1年生では「26.8%」と、社会人1年生のほうが10ポイント以上高くなっていた。社会人1年生には、収入の一部を投資に回している人が少なくないようだ。男女別にみると、投資をしている人の割合は社会人1年生の男性(36.4%)が高くなっていた。 では、どのようなものが投資対象となっているのだろうか。 現在投資を行っている人(大学4年生82名、社会人1年生134名)を対象に、どのような投資を行っているか尋ねる調査が行われたところ、大学4年生・社会人1年生とも1位は「株式投資」(大学4年生42.7%、社会人1年生37.3%)、2位は「投資信託」(大学4年生40.2%、社会人1年生35.1%)となった。 3位以降で違いがみられ、大学4年生では3位「FX(外国為替証拠金取引)」、「仮想通貨」(いずれも18.3%)、5位「外貨預金」(6.1%)となった。社会人1年生は、3位「企業型確定拠出年金」(26.9%)、4位「個人型確定拠出年金(iDeCo)」(14.9%)、5位「仮想通貨」(14.2%)となった。 また、全回答者(1,000名)を対象に、今後やってみたいと思う投資は何か尋ねる調査が行われたところ、大学4年生・社会人1年生とも1位「株式投資」(大学4年生26.4%、社会人1年生20.4%、以下同順)、2位「投資信託」(14.8%、15.0%)、3位「FX(外国為替証拠金取引)」(9.8%、11.6%)となった。 普段行っているマネー習慣 1位「節約の心がけ」、社会人1年生では「キャッシュレス決済」が上位に 大学4年生・社会人1年生は、普段、お金に関してどのようなことを心がけているのだろうか。 自身が行っているお金に関する習慣を尋ねる調査が行われたところ、大学4年生・社会人1年生とも1位は「節約を心がけている」(大学4年生57.4%、社会人1年生50.8%、以下同順)、2位「毎月の支出を把握する」(49.6%、47.8%)、3位「ATMは手数料がかかるときに利用しない」(45.4%、36.0%)となった。 普段の生活のなかで、節約やお金の流れを意識している人が多く、堅実な様子がうかがえる。また、大学4年生と社会人1年生の回答のうち特徴的だったのは、大学4年生の5位「ポイントが貯まるお店を選ぶ」(36.8%、社会人1年生では7位)、社会人1年生の6位「現金を使わない(キャッシュレス)」(31.8%、大学4年生では10位)が挙がり、現代らしい生活ぶりが浮かび上がった。 どんなお金の悩みを抱えている? TOP3は「収入が少ない」、「貯蓄ができない」、「無駄づかいが多い」 次に、お金に関してどのようなことに悩んでいるか質問が行われた。 自身が抱えているお金の悩みは何か尋ねる調査が行われたところ、大学4年生・社会人1年生とも1位「収入が少ない」(大学4年生45.0%、社会人1年生56.0%、以下同順)、2位「貯蓄ができない」(30.8%、27.6%)、3位「無駄づかいが多い」(30.4%、27.0%)となった。 また、「将来設計ができない」(13.8%、14.2%)や「老後の生活資金が不安」(11.8%、15.0%)など、将来に対して悩んでいる人も少なくないことがわかった。 借金(奨学金含む)がある人はどのくらい? 大学4年生35%、社会人1年生40% 続いて、借金について調査が行われた。 まず、現在の借金の有無について尋ねる調査が行われたところ、大学4年生では「借金がある」は34.8%、「借金はない」は65.2%、社会人1年生では「借金がある」は40.0%、「借金はない」は60.0%となった。 では、いくらくらいの借金があるのだろうか。 現在借金がある人(大学4年生174名、社会人1年生200名)を対象に、現在の借金額(奨学金含む)を尋ねる調査が行われたところ、大学4年生・社会人1年生とも「100万円~300万円未満」(大学4年生42.0%、社会人1年生37.0%)に最も多くの回答が集まり、平均は大学4年生197.9万円、社会人1年生186.9万円だった。 また、誰・どこから借金をしているか尋ねる調査が行われたところ、大学4年生・社会人1年生とも「奨学金(日本学生支援機構・自治体など)」(大学4年生66.7%、社会人1年生62.0%)が突出して高くなった。 お金の悩みを相談したい芸能人 大学4年生・社会人1年生とも「マツコ・デラックス」がダントツ 全回答者(1,000名)を対象に、“お金の悩み”や“投資”をテーマに、イメージに合う芸能人やアニメキャラについて尋ねる調査が行われた。 お金の悩みを相談したい芸能人について尋ねる調査が行われたところ、大学4年生・社会人1年生とも1位は「マツコ・デラックス」となった。 説得力やキレのあるアドバイスをしてもらいたいという人が多いのではないだろうか。2位以降をみると、大学4年生では2位「堀江貴文」、3位「坂上忍」、社会人1年生では2位「明石家さんま」、3位「池上彰」となった。 お金の悩みを相談したくないアニメキャラを尋ねる調査が行われたところ、大学4年生・社会人1年生とも1位「野比のび太(ドラえもん)」、2位「モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)」となった。 また3位は、大学4年生「伊藤開司(逆境無頼カイジ)」、社会人1年生「両津勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所)」だった。 敏腕投資家の役が似合う男性芸能人 大学4年生の1位「香川照之」、社会人1年生の1位「堺雅人」 敏腕投資家の役が似合う芸能人を尋ねる調査が行われたところ、男性芸能人については、大学4年生では1位「香川照之」、2位「堺雅人」、3位「佐藤健」「小栗旬」、社会人1年生では1位「堺雅人」、2位「GACKT」、3位「西田敏行」となった。 2013年に放送されたドラマ『半沢直樹』で、主役の銀行員・半沢直樹を演じた堺雅人、半沢直樹の敵役・大和田常務を演じた香川照之がそれぞれ1位という結果だった。 他方、女性芸能人については、大学4年生・社会人1年生とも顔ぶれは同じとなっており、1位「天海祐希」、2位「米倉涼子」、3位「菜々緒」だった。 また、投資で失敗しないイメージのアニメキャラを尋ねる調査が行われたところ、大学4年生・社会人1年生とも1位は「出木杉英才(ドラえもん)」、2位は「江戸川コナン(名探偵コナン)」と、頭脳明晰なキャラクターがTOP2を占めた。 自身にとって“お金”を漢字1字で表すと? 1位「命」2位「生」、「幸」「宝」「夢」もTOP10にランクイン 最後に、自身にとって“お金”とはどのようなものか、漢字1字で表してもらう調査が行われたところ、大学4年生・社会人1年生とも1位「命」、2位「生」となった。命と同じくらい大切なもの、生きていくために不可欠なものととらえている人が多いようだ。 また、3位「必」、4位「要」と、お金の必要性を感じていることのあらわれといえる回答も上位に挙げられた。そのほか、5位以降には、「幸」(大学4年生5位、社会人1年生6位)や、「宝」(大学4年生8位、社会人1年生7位)、「夢」(大学4年生10位)といった回答がみられた。 <調査概要> ■調査対象: 全国の大学4年生・社会人1年生 ■有効回答数: 1,000名(大学4年生500名、社会人1年生500名) ■調査方法: インターネットリサーチ ■調査期間: 2020年2月4日~2月7日(4日間) ■設問数: 20問 ■調査協力機関: ネットエイジア株式会社 出典元:GMOあおぞらネット銀行株式会社 https://gmo-aozora.com/ 構成/こじへい

@DIME

【関連記事】