Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

投資初心者が「プロの言う通りに」株を買ってみたところ…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

投資家はもちろんのこと、将来に備えるため、今まで投資への関心が薄かった人までもが、株式投資をはじめとした「資産運用」に注目しています。実際「投資初心者」と検索をすると、おびただしい量の手解きサイトが表示されます。情報取集の手段としてぜひ頼りたいところですが、金融業界で長く活躍する紫垣英昭氏は、「初心者の他力本願」を危険視しています。本記事では、「雰囲気買い」で大損する仕組みを踏まえ、投資初心者が陥りやすい思考について解説します。

初心者の9割は他人の意見を鵜呑みにして損をする

他人の意見・情報を鵜呑みにする――この他力本願な姿勢は、初心者がもっとも犯しやすい間違いであり、ほぼ確実に大損を招きます。読んで字のごとく、売買について自分なりの判断基準を持つことなく、他人の意見やさまざまな情報に完全に頼っているためです。証券マンが推奨する銘柄にそのまま乗ってしまった。あるいは、Webサイトからダウンロードした各種レポートに掲載されている銘柄を買ってしまった。投資顧問会社が有料で提供する注目銘柄の情報を鵜呑みにしてしまった・・・。 株価を左右するような情報が一般の個人投資家の目に触れる頃、往々にして株価はすでに高値圏にあるものです。それを知らずに買った後、意気揚々として相場を眺めていると、「売り」が殺到し、気が付けばいつの間にか含み損を抱えていた・・・ということが頻繁に起こってしまうのです。 情報は多ければ多いほど有利に働くように思いがちですが、情報過多がかえって投資判断を誤らせることはよくあります。株をかじったことのある人や、これから株をやってみたいと思っている人の多くは、経済ニュースに敏感です。日頃から新聞、マネー誌、経済情報番組などをチェックしていることでしょう。M&A、業績上方修正、新商品発表、工場の増設・・・。日経新聞のトップを飾る記事は注目度が高く、その日の値動きを大きく左右することもよくあります。 例えば、日経新聞にひと通り目を通すことを日課としている人が、以前読んだ「水素インフラ関連企業が好調」という記事を覚えていた場合、今日の朝刊でたまたま目にした関連企業名に反応して、その日のうちに関連銘柄を買ってしまうことがあります。 しかし多くの場合、マスメディアで発表される頃には、株価はこうした好材料をほぼ織り込んでおり(株価に反映されている状態を「織り込み済み」といったりします)、すでに高値圏にある状態です。もちろん、さらなる上昇を見せるときもありますが、買ったとき以上に高く売ることができなければ損をしてしまいます。 当然、その銘柄を以前に買っておいた人は、高値圏にあるうちにいち早く利益を確定させようと、どんどん売りを出してきます。そのため、買ったそばから株価がジリジリと下がり出すという現象が起きます。こうなると、個人投資家の多くは恐怖感から損失覚悟で売りを出していくので、結局、市場が終わる「大引け」のときには、安値付近で取引が終了してしまうのです。

【関連記事】