Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

久保建英はビジャレアルでどう起用される? ポジションはどうなる…知将エメリの頭の中を読む

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

 ラ・リーガ初参戦となった2019/20シーズンをマジョルカで過ごし、評価を高めた久保建英が次の移籍先に選んだのはビジャレアルだった。新シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を持つ強豪では、戦術家として知られるウナイ・エメリ監督の指導を受けることになる。果たして新天地ではどのような役割を与えられるのか? 新指揮官の過去の仕事ぶりからいくつかの可能性を考えて見た。(文:舩木渉) 【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

久保建英、ビジャレアルへ

 久保建英の新天地がようやく決まった。マジョルカで評価を高めた19歳の日本代表MFは、2020/21シーズンをビジャレアルに捧げることになった。  ベティスやレアル・ソシエダ、オサスナ、グラナダなどスペイン国内で複数の移籍先候補が報じられていた中、レアル・マドリードからの期限付き移籍で2019/20シーズンのラ・リーガで5位につけた強豪に加わる。ビジャレアルは新シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を持っているため、欧州カップ戦デビューのチャンスもありそうだ。  そして、この移籍は先ごろ新監督に就任したばかりのウナイ・エメリが熱望したものだったという。その証拠というべきか、久保はビジャレアルの2020/21シーズン補強第一号になった。ELでの躍進とリーグタイトルを狙うべく移籍市場で積極的な動きを見せるクラブからの期待がうかがえる。  ビジャレアルでは2019/20シーズンをもってブルーノ・ソリアーノが現役引退を決断し、サンティ・カソルラはカタールへ移籍。フランク・ザンボ=アンギッサはレンタル元のフラムがプレミアリーグ復帰を果たしたこともあって、完全移籍に必要な違約金の額が2500万ユーロ(約30億円)以上と高騰していて買い取りには消極的なようだ。  他にもビジャレアル関連の移籍報道をまとめると、退団選手の多い中盤の刷新と増強を狙っていることがよくわかる。スペイン紙『アス』などは隣町のライバルクラブでもあるバレンシアからフランシス・コクランと主将のダニ・パレホの引き抜きについて盛んに報じているし、レバンテで印象的な活躍を披露したホセ・カンパーニャや、バルセロナBで主力を担う20歳のMFモンチュ獲得の噂もある。  また、高額での売却が見込めるナイジェリア代表FWサミュエル・チュクウェゼの後釜として、久保と同じくマドリーからオスカル・ロドリゲスのレンタル獲得についても度々報じられてきた。2019/20シーズンは2部降格の憂き目に遭ったレガネスでリーグ戦9得点2アシストと孤軍奮闘した22歳の万能アタッカーだ。  ただ、久保の獲得が濃厚になったことで買い戻しオプション付きの完全獲得が決まりかかっていたオスカル・ロドリゲスの交渉はストップしたと見られる。そして高額な移籍金を支払えるクラブが少ない市場ということもあり、チュクウェゼはひとまず残留で落ち着きそうな情勢になった。  果たしてエメリ監督は新天地でどのようにチーム作りを進めていくのだろうか。ここまでに挙げてきた補強の動向や過去に指揮官が率いてきたクラブの例などを考慮しながら、久保がビジャレアルでどんな使われ方をするか、いくつかの可能性を考えてみた。

【関連記事】