Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

瀬戸大也、年内活動停止…不倫問題で水連厳罰「一からやり直す覚悟」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サンケイスポーツ

 日本水泳連盟は13日、オンラインで臨時常務理事会を開き、不倫問題で東京五輪の競泳日本代表主将を辞退した瀬戸大也(26)について「スポーツマンシップに違反した」などとして、年内の活動停止処分を科した。参戦を検討していた10~11月にブダペストで開かれる国際リーグ(ISL)や12月の日本選手権に出場できなくなり、五輪への強化プランは大きく狂うことになったが、瀬戸はコメントを発表して「一からやり直す」と誓った。  厳重注意などにとどまるとみられていた処分は、予想以上に重たいものだった。日本水連は瀬戸が競技者資格規則にある「スポーツマンシップに違反」「連盟の名誉を著しく傷つけた」行為に当たるとして、年内の活動停止処分を科した。  「私にとってのおわびはこれからも水泳で努力していくことだと考えています。一からやり直す覚悟で真摯(しんし)に水泳に向き合っていきたいと思います」  瀬戸は所属事務所を通じて文書で改めて謝罪した。前日12日の倫理委員会で本人の事情聴取を行い、処分を決めた水連は「五輪の内定選手がこのような事態を招いたことは大変遺憾」としつつも、代表権は昨年の世界選手権で金メダルを獲得した選手の権利とした上で、「今後は選手の行動規範と社会的規範の教育を徹底していく」とコメント。瀬戸の東京五輪代表権は取り消しをまぬがれた。  ただ、来夏に向けて前途は多難だ。各国の強豪が集い10~11月にブダペストで開かれる高額の賞金大会、国際リーグ(ISL)は出場できなくなった。12月3~6日に東京五輪の本番会場、東京アクアティクスセンターで行われる日本選手権出場の道も絶たれた。日本代表クラスの強化合宿が行われる場合でも参加は不可。来夏の東京五輪に向けた強化プランが大きく狂う。  水連はまた、2020年下半期のスポーツ振興基金助成金の推薦を停止し、水連や日本オリンピック委員会(JOC)の教育プログラムの受講も求めた。  瀬戸は9月23日に夫人でない女性とラブホテルに入ったと報じられ、事実と認めて謝罪。9月末に所属先だったANAとの契約が解除となり、JOCの肖像権事業「シンボルアスリート」からも外れた。競泳でただ一人五輪代表に決まっていたが、不倫のつけはあまりに重い。

【関連記事】