Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

がん専門医に聞く! 「ステージIV」のがんとは、どのようなものか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オトナンサー

「がんに立ち向かうには、どうすればいいでしょうか」。健康なときにはなかなか意識しないこの問題は、がん告知を受けたとき、また、がん治療がスタートしてからも、患者やその家族を大いに悩ませます。そして、悩み抜いた末に「孤独」に陥ってしまう人も少なくないのです。  今回は、消化器内科・腫瘍内科医師の押川勝太郎さんに、がん治療における患者と家族のあり方について伺います。押川さんは抗がん剤治療と緩和療法が専門で、2002年、宮崎大学付属病院第一内科で消化器がん抗がん剤治療部門を立ち上げ、2009年、宮崎県全体を対象とした患者会を設立。現在、NPO法人宮崎がん共同勉強会理事長の職責にあります。

病気にはジャンルがあることを知る

 読者の皆さまは、病気にジャンルがあることをご存じでしょうか。本稿の最初に、病気のジャンルについて、押川さんに解説していただきます。 「がんは別名『悪性腫瘍』といいます。腫瘍という字は『腫れる』という意味、悪性は『命に関わる』という意味です。良性腫瘍は、イボとかホクロです。これは命に関わらないため良性となるわけです。病気にはいろいろジャンルがあります。例えば肺炎。これは感染症というジャンルです。肺に細菌などが入り炎症を起こす病気で、抗生物質などで排除すれば治ります」 「糖尿病は代謝病というジャンルです。放置すると動脈硬化を促進します。これが将来、脳梗塞や心筋梗塞などを起こすので治療が必要となります。しかし、この病気は治りません。治らないのになぜ治療するかというと、将来、重大な合併症を起こす危険性を減らすためで、治らなくても一般人と同じような生活を送ることが期待できます」  人間は60兆個の細胞からつくられていて、細胞には、それぞれが今後どう行動するのか書かれた設計図、遺伝子情報があります。これが、がんに影響を与えると押川さんは指摘します。 「がんは腫瘍というジャンルです。細胞は紫外線や化学物質などの刺激により、その細胞内の遺伝子情報が破壊されることがあります。それらの細胞はほぼ死滅しますが、一部の遺伝子情報だけ傷ついて生き残る細胞もあります。そして、傷ついた遺伝子情報は細胞分裂をストップさせる命令を壊してしまうことがあります。つまり、永遠に分裂し続けるわけです。腫瘍細胞の誕生です」 「さらに、より速く分裂するようにとか、遠くヘ転移する能力を獲得したりとか、悪い性質へ変化することがあります。悪性腫瘍は遺伝子情報が少し書き換えられただけですから、外見や細胞としての性質は正常細胞とほとんど変わりません。毒素を出すわけでもなく、大きくなければ存在に気付かないのです。ところが年月がたって数が増え、1000億個→2000億個→4000億個という増加量になると急速に大きくなり、周囲を圧迫し始めます」

【関連記事】