Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SKE48・10期生が劇場デビュー、青木莉樺ら「感謝の気持ちでいっぱい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 昨年12月にお披露目、今年2月15日に静岡エコパアリーナで初パフォーマンスを披露したSKE48の10期生が24日、SKE48劇場で配信限定の研究生公演「青春ガールズ」公演に出演。10期生11人のメンバーから、SKE48で最年少、小学6年生11歳の林美澪から10期生最年長20歳の青木莉樺まで、個性豊かなメンバーが劇場公演デビューした。  この日も、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、出演メンバーは6人のみで、劇場内すべてのドアを開放し換気を実施。フォーメーションも通常のものから変更し、ソーシャルディスタンスを確保した形で行われた。  青木莉樺、五十嵐早香、石塚美月、澤田奏音、西井美桜、林美澪の6人が「青春ガールズ」、「ビーチサンダル」、「君が星になるまで」と続けて3曲を披露し、MCのコーナーに。高校3年生17歳の石塚は、大好きなサツマイモのパンを朝食べてきたと話し、風に髪がなびいているアーティスト写真に憧れているという西井は、換気のためステージ上に設置された送風機の風に当たりに行くお茶目な姿を見せる。  ニックネームが「さんちゃん」という澤田奏音は自粛期間中に家でミラーボールを作ったと話し、SKE48最年少の林の特技は7年間やってきたダンスと一輪車、と自己紹介をしている中、五十嵐は自分の名前を言う前に「かつ丼!」と謎の言葉。埼玉県出身ながら、実は12歳から18歳までフィリピンに住んでいたと明かし、特技は英語とブログ。最年長の青木は、自身のニックネーム「りあん」はフランス語で「絆」という意味なので、「今日は皆さんとたくさん絆を深めていければ嬉しいです」と挨拶した。  トロピカルな衣装で「ふしだらな夏」、「Don't disturb!」を披露後、純白のワンピースで林と西井2人が飛び出し「Virgin love」、「日付変更線」を全員でパフォーマンス。ステージ上のモニターには、メンバのサイリウムカラーの画像や、声援コメントが続々と映し出され、ファンの皆様のSNS上での声援「#Twitterで声援を」はこの日もトレンド入りした。  「僕の打ち上げ花火」を浴衣姿でしっとりと披露した後、青木がこれまで支えてくれたメンバー、スタッフ、ファンの皆様に感謝の気持ちを述べ、「1日でも早くこの劇場で皆様と会えることを心待ちにして最後の曲を歌います」と「遠くにいても」で公演の幕を閉じた。  本編後のアフタートークでは、別の仕事終わりに劇場に観に来ていたSKE48キャプテンの斉藤真木子と、チームKIIで、5期生として加入当初最年少だった江籠裕奈が急遽、ステージ上に登場。  公演中先輩たちの姿を見ながら青木は「頑張らないとな」と思っていたと話し、五十嵐は「全力は尽くしたんですが、やっぱり結構改善点があったので、次から心がけたい」、林は「緊張してちょっと振りを間違えてしまったけど、全力でできたのでよかったなと思いました」と話した。澤田と石塚も「緊張したけど、楽しく全力でできたのでよかった」と笑顔で答え、西井は「(体感的に)1分20秒くらいで終わりました。気づいたら終わってて悲しいなってなりました」と感想を口にした。  斉藤は、MCで質問を受け付けると言ったのに全く読まなかったと自分が投稿した「尊敬する先輩メンバーは?」という質問でお約束の答えを誘導し、視聴者の笑いを誘うと、江籠は五十嵐がMCで発した謎の「かつ丼!」にツッコミを入れたり、先輩らしく出演メンバーとのトークを盛り上げた。  西井から「この中で推しメンは?」と聞かれ、斉藤は「パフォーマンスが自分の加入当時と似ていると言われた」と西井を、江籠は「すごく白い!」と石塚を挙げ、二人とも自身と似たメンバーが気になった様子。  「お客さんの前でパフォーマンスできる日を楽しみに、SKE48の一員として一緒に頑張りましょう」と二人の先輩からエールを送られ、青木は「最高のステージを観ていただけるように、これからもたくさん頑張っていきますのでよろしくお願いします。ありがとうございました!」と締めくくった。  この日から27日までのSKE48配信限定公演について、公演の一部を、SKE48公式YouTubeチャンネルで配信する。 ■10期生・青木莉樺、公演後コメント 10期生にとって初めての劇場公演に立たせていただきました。 6人という少人数で、配信公演ということもあったのですが、私たちがステージに立つまでに指導してくださった方々や、支えてくれたメンバー、そしてなによりもいつも応援してくださっているファンの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。 このような状況下で配信公演をさせていただけることがとても幸せですし、画面を通してでも私たちを見て少しでも笑顔になってくださっていたら嬉しいです。 練習を通して、10期生同士、今までお互いの知らなかったところをより知ることができたり、SKE48のことをもっとたくさん知ることができて、課題もたくさん見つかりました。これからも10期生全員で一歩ずつ前に進み、最高のステージを皆様に見ていただけるように日々努力していきますので応援よろしくお願いいたします。 ■10期生・西井美桜、公演後コメント 初めての劇場公演を終えて、まず一番に思ったことは楽しかった!です! レッスンを一緒に頑張ってきたメンバーと、初めてのステージに立てたことをとても嬉しく思います。 反省するところもたくさんあるので、これから10期生みんなで力を合わせて成長していきたいです。 これからも応援よろしくお願いします。 ■SKE48キャプテン・斉藤真木子コメント  劇場公演初日というのは1度しかないことなので、記念すべき日を見届けられてよかったです。私はオーディションから10期生のメンバーを見てきたので、初ステージに立つメンバーを親心のような目で見させていただきました。環境的にも今は6人でしか公演できなかったり、お客さんが目の前にいなかったりと、本来の劇場公演とは違う形で、もしかしたら苦しい環境だったかもしれないですが、お客さんがいてもいなくてもできなければプロではないと思うので、劇場公演に立ったからにはこれから一緒にSKE48の一員として、一生懸命夢に向かって頑張っていけたらいいなと思います。先輩らしい一面を見せられるように、早く劇場公演に一緒に出られるように頑張っていきたいと思いますので、これからも10期生の応援をよろしくお願いいたします。

【関連記事】