Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「去年のCOPで言いたかった」 小泉進次郎環境相が語るエネルギー政策、そして総裁選への出馬は?

配信

FNNプライムオンライン

今回の放送では、7月9日に石炭火力発電の輸出政策見直しを発表した小泉進次郎環境相を迎えた。石炭発電への風当たりが国際的に強まる中、昨年の国際会議COP25では日本の取り組みに対する批判を正面から受けた小泉大臣。国内的・国際的両面の問題を含むエネルギー政策において、日本はどのような姿勢を取っていくのか。 日本の環境政策の未来像に加え、自民党総裁選を見据えた小泉大臣自身の未来像も含め伺った。 【画像】小泉純一郎元首相が信次郎氏の「総裁線出馬」について

今回の政策を去年のCOPで言えればベストだった...

竹内友佳キャスター: 日本の電源に占める石炭の割合は2018年で30%強。昨年のCOP25では、世界が注目する中でのスピーチに批判が集まった。 小泉進次郎 環境相: 今回の石炭政策見直しの内容を昨年言えるのがベストだったが、調整できなかった。しかし与えられた3分間を使う上でイノベーションの話などに逃げるのではなく、国際社会の関心事である石炭の話に率直に触れた。今後国際的に仲間を募る意味でもプラスと考えた。結果はかなり批判されたが。

石炭発電の輸出「支援しないことが原則」

竹内友佳キャスター: 議論の結果、政策方針が変化した。しかし石炭火力発電の輸出禁止ではなく、あくまで原則として条件を厳しくしただけとの声もある。 小泉進次郎 環境相: そもそも禁止を勝ち取ろうとは思っていない。事務方の調整も含め一貫しているのは「支援しないことを原則」にすること。新戦略においてこの原則を書いているのは石炭についてだけ。そもそも新戦略とは海外に売るためのインフラを推進するもので、そこに「支援しないこと」を書くのは前代未聞。この原則を勝ち取ることで一貫していた。 反町理キャスター: 国内では旧式火力発電所114基のうち100を停止、プラント輸出においては支援しないことを原則に。これを昨年のCOP25で言っていれば、いい風が吹いていた? 小泉進次郎 環境相: 去年言いたかったね(苦笑)。でも間違いなく、来年11月のCOP26では、COP25で批判を受けたような感じにはならないと思う。

【関連記事】