Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人気声優・水樹奈々の結婚を機に考える――そもそも「声優ブーム」はいつから始まったのか?

配信

アーバン ライフ メトロ

1960年代後半から始まった声優ブーム

 歌手で声優の水樹奈々が2020年7月7日(火)、音楽関係に従事する男性と結婚したと自身のブログで発表しました。 【2019年 最も輝いていた女性声優ランキング】水樹奈々はいったい何位だった?  愛媛県出身、1980(昭和55)年生まれの水樹は「ハートキャッチプリキュア!」の花咲つぼみ・キュアブロッサム役などで、声優ファン以外の層にも広く知られた存在です。  さて、声優は東京では多く見かけたり耳にしたりする職業ですが、地方ではまず見かけません。養成学校は全国各地にあるものの、仕事の場は大都市圏に限られているのが現状です。  専門誌『声優グランプリ』が毎年付録として発行している『声優名鑑』2020年版には、声優が男女合わせて1500人が掲載されています。最初の2001(平成13)年版は370人だったそうですから、ものすごい勢いで増えていることがわかります。  声優はこれまでも幾度ものブームを経て、職業として確立されてきました。  最初の声優ブームは1960年代後半、洋画や海外ドラマの吹き替え声優が人気を得たことだとされています。当時、アラン・ドロンの吹き替えをしていた野沢那智は若い女性から大人気になりました。

アニメ界ではいつからブームになったのか

 アニメの世界で声優に焦点が当たるようになったのは、1970年代後半になってからです。 『宇宙戦艦ヤマト』や『機動戦士ガンダム』がブームになったことで、キャラクターを演じる声優にも注目が集まるようになりました。『機動戦士ガンダム』でアムロ・レイを演じた古谷徹や、『北斗の拳』のケンシロウ役の神谷明などが有名どころとして知られています。  これら2度の声優ブームも大規模でしたが、より爆発的な声優ブームがやってきたのは1990年代半ばになってから。  ブームをけん引した林原めぐみや椎名へきるを代表格に、それまでは「裏方」のイメージが強かった声優が、タレントやアイドルとして扱われるようになりました。前述の『声優グランプリ』が創刊されたのも、ブームのさなかの1994(平成6)年のことです。

【関連記事】