Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新たな女子プロリーグ『WEリーグ』が2021年秋に開幕!「なでしこジャパンを強く、日本社会を変える」

配信

SOCCER DIGEST Web

参加クラブは6~10 チームを予定

 JFA(日本サッカー協会)は6月3日にWeb上で会見を開き、日本女子サッカーリーグの新たなプロリーグ設立を決定したことを発表した。    新たなリーグの名称は、『WEリーグ(Women Empowerment League)』に決定。ネーミングには、「女子が“サッカー選手”を夢みることができる」「サッカーを超えて、女性活躍社会の象徴となる」などの想いが込められている。リーグ理念は「女子サッカー・スポーツを通じて、夢や 生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する」としている。    開幕は2021 年の秋で、ホーム&アウェー方式による総当りリーグ戦で順位を決定。参加クラブは6~10 チームを予定している。またリーグは、これまで 30 年以上にわたって日本の女子サッカーをけん引してきた日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)の上位に位置するプロリーグとなる。    会見の冒頭に登壇した日本サッカー協会会長の田嶋幸三氏はリーグについて、「女子プロリーグ設立は、女性の社会進出や、男女の平等も含めて考えることがなでしこジャパンを強くする、自立した選手を育成していくことにも繋がるのではないかと考えています。この女子リーグは色んな意味で日本の社会を変えていけないだろうかということを提案したいと考えております」と説明している。    さらに会見の最後には、なでしこジャパンで監督を務める高倉麻子氏も登場。新リーグ設立の想いを語り、選手らにエールを送っている。   「日本初の女子プロサッカーリーグがスタートすること、非常に嬉しく思います。代表監督としても、いちOBとしても喜ばしいことです。大変な時期だからこそ、みんなで手を取り合って新たなリーグをスタートすることが大切なのではないかと思います。一番大切なのは選手が覚悟を持ってこのリーグに臨むということ。大好きなサッカーをピッチで表現し、皆さんに応援していただく、小さな子にも夢を与えるようなプレーをピッチで表現してほしい」    日本女子プロサッカーリーグの概要は以下の通り。   ●名 称 WEリーグ[うぃーりーぐ](Women Empowerment League) ●理 念 女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する。 ●ビジョン 1.世界一の女子サッカーを。 2.世界一アクティブな女性コミュニティへ。 3.世界一のリーグ価値を。 ●期 間 2021年秋開幕(シーズンは翌年5月ごろ終了)予定 ●チーム数 6~10チーム(予定)※当面、降格は実施しない(昇格のみ) ●フォーマット ホーム&アウェイ方式による総当たりリーグ戦   構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連記事】