Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リバプールvsアトレティコは新型コロナ感染拡大の引き金に? 試合後に地元病院で死者増加

配信

超WORLDサッカー!

試合開催の判断が、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に影響があったという経過が報告されたようだ。イギリス『サンデー・タイムズ』が伝えた。 【動画】リバプールが欧州の舞台で起こした“アンフィールドの奇跡”たち 問題となっているのは、3月11日にアンフィールドで行われたリバプールvsアトレティコ・マドリーのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグだ。 この試合には、アトレティコのファン3000人がスペインからイングランドへとやってきており、マージーサイドでの感染拡大につながった可能性が指摘されている。 インペリアル・カレッジ・ロンドンとオックスフォード大学のデータによると、スペインでは当時64万人の感染者があり、イギリスでは10万人に近づいていた。 この試合後、マージーサイドではCOVID-19の入院患者と死者の数は、NHS(国民保健サービス)の評価によると、試合後の5週間で地元病院での死亡率が大幅に増加したとみられている。 同日にフランスで行われたパリ・サンジェルマンvsドルトムントの試合は、無観客で行われていたが、リバプールvsアトレティコを通常通り開催したことが非難されていた。 この件に関しては、リバプールの市議会も独自で調査を行うことをすでに発表しており、イギリス政府関係者も「興味深い仮説」であると発言していた。

超WORLDサッカー!

【関連記事】