Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

悪臭放つ14万羽の死骸、放置された大量のフンから火災も…和歌山県のブランド鶏「紀州うめどり」経営破綻の裏に「不可解な動き」

配信

関西テレビ

「紀州うめどり」という鶏をご存知でしょうか。 和歌山県のブランド鶏で県民にとってなじみのある鶏なんですが、生産する養鶏業者が経営破綻し、14万羽もの死骸が放置されたことが問題となりました。

なぜこんなことが起きたのでしょうか。ツイセキ取材しました。

立ち込める悪臭…14万羽の鶏の死骸

和歌山県田辺市の山あいにある集落の一角。 【記者リポート】 「養鶏場が見えてきました。少し離れているんですけど何かが腐ったような生ぐさい臭いがしています」

悪臭が立ち込める養鶏場。 その中には大量の鶏の死骸が放置されています。

去年12月ごろ、ここで紀州うめどりを生産していた有田養鶏農業協同組合が経営破綻し、鶏は餌が与えられず餓死したのです。 死骸の数は3つの養鶏場で14万羽にのぼります。 【近隣男性】 「くさい、だいぶ臭い。困りますよなるべく早く処理してもらわないと」 【近隣女性】 「こうなる前に何か手だてがなかったのかなって、もったいないない。鶏もかわいそう 苦情が相次ぎ、県は組合に死骸を処理するよう再三指導しましたが、従わなかったため、行政代執行に乗り出しました。

その費用、約1億円は組合側に請求する予定ですが、現状、県民の税金が使われています。

そして、6月… 【記者リポート】(6月19日) 「和歌山県警の捜査員が養鶏業者の事務所に家宅捜索に入りました」

鶏を餓死させたことが「虐待」にあたる疑いがあるとして、警察が強制捜査に入ったのです。

「紀州うめどり」の大量死。 実は大きな影響を及ぼしています。

ブランド鶏が「生産停止」…再開めど立たず

梅酢を混ぜた餌で育てられる「紀州うめどり」 和歌山県のブランド鶏として年間150万羽出荷され、県内の鶏肉生産量の半分を占めていました。

組合はうめどりのブランド化を進める協議会から生産を任されていましたが、経営破綻により流通がストップ。協議会によると、再開の目途はたっていないということです。

【和歌山県・仁坂知事】(2009年食博覧会で) 「和歌山県は鶏が一位ですよ。紀州うめどりっていうのが一位なんです」 全国のブランド鶏のコンテストで一位を獲得したこともある紀州うめどり。その良さを熱弁していた仁坂知事は現状について…

【関連記事】