Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「自分は少し遅すぎた」セルビアの天才パサー、テオドシッチが導き出した“欧州選手がNBAに挑戦するベストタイミング”とは?

配信

THE DIGEST

 世界一の競技人口を誇るバスケットボール。その最高峰リーグであるNBAには世界中から優れたプレーヤーが集結し、特に2000年代以降は外国籍選手の数も飛躍的に増加した。しかし、その中には己の実力を発揮しきれず、数年でアメリカを後にしたプレーヤーも少なくない。NBAに挑み、再び欧州の舞台へ舞い戻った挑戦者たちを、シリーズで紹介しよう。 【動画】世界屈指の天才パサー、テオドシッチのNBAベストアシスト集  NBA在籍期間は短かったが、ファン、そして選手たちにも強烈なインパクトを残したのが、セルビアの名パサー、ミロシュ・テオドシッチだ。ヨーロッパで13年のプロキャリアを積み上げ、ユーロリーグ優勝、リオ五輪やワールドカップでの銀メダル獲得、FIBA年間最優秀ヨーロッパ人選手賞など、チームでも個人でも、数多の勲章を手に入れたベテランプレーヤーは、30歳にして世界最高の舞台へと挑戦した。  6年間在籍したCSKAモスクワとの契約が満了した2017年夏、テオドシッチが契約したのはロサンゼルス・クリッパーズ。クリッパーズにとっても、クリス・ポールがヒューストン・ロケッツに移籍したタイミングでの期待の即戦力だった。    テオドシッチのクリッパーズ入りが決まった後、前年のリオ五輪の決勝で対戦していたケビン・デュラントは、「テオドシッチをNBAで見られるのをずっと楽しみにしていたんだ。去年対戦した時には、『俺のバスケ人生でこんなのは1度も見たことがない!』というパスを見せてもらったからね。チームUSAのみんなも、『いったいどうやったらあんなパスができるんだ!?』って目を丸くしていたよ」とラジオ番組で話している。  2016年の開幕前には、NBAのゼネラルマネジャーたちが選ぶ“NBA所属以外の欧州最高の選手”にも選出されたテオドシッチの存在は、デビュー前からアメリカでも注目を集めていた。  彼が初めてアメリカのファンの前に見参したのは、プレシーズンのトロント・ラプターズ戦だった。ベンチスタートだったその試合、テオドシッチは約25分のプレータイムで8アシストをマーク。目線でフェイクを入れてのノールックパスや、意表をついたアリウープパスなど、曲芸のような妙技を連発しただけでなく、チームメイトたちの特徴もまだ十分に把握していない段階から彼らの持ち味を見事に引き出した操縦術に、ファンやメディアの期待は高まった。  

【関連記事】