Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

入浴後に汗が引かない! 冷やしシャンプーって効果があるの? 入浴にまつわる12の疑問&悩みを解消します

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Tarzan Web

入浴には、温熱、水圧、浮力という3大作用がある。このおかげでカラダのコンディショニング作りに大いに有効だ。 が、毎日の習慣でもあるだけに、こんなときどうする? これってどうなの? という疑問も尽きない。そこで3人の専門家に12の質問について伺った。悩みをスッキリ解消して、より気持ちのいい入浴でサッパリしよう![取材協力/早坂信哉(東京都市大学人間科学部教授)、藤村寛子(東京ガス都市生活研究所)、松永武(バスリエ代表)]

1. 浴槽入浴が苦手。好きになる方法は?

夏の元気を引き出す浴槽入浴の基本メニューは40度×10分か38度×20分。 でも、ランニングの最適なペースが一人ひとり違うように、基礎体温(以下、体温)には個人差があり、温度への感受性も人それぞれ。 「ぬるめは体温+2度、標準は+4度、熱めが+6度が目安。38度や40度といった基準は体温が36度と仮定したもの。まずは自分の体温と感覚に応じて、好きな温度と時間で入ってOKです」(お風呂のソムリエこと松永武さん) 時間がなくて入れないという人は、週末にトライアル。そこで浴槽入浴の御利益が体感できたら、平日もきっと試したくなるに違いない。

2. 汗臭さを防ぐ入浴法は?

朝から蒸し暑い日、通勤電車やエレベーターで自分が汗臭いと気づいて焦った体験はないだろうか。慌てて汗拭きシートを使っても、残念ながら抜本的な解決にはならない。 「汗臭さは、皮脂と汗と古い角質を皮膚の常在菌が分解して生じます。顔と頭以外では、とくに皮脂が多い背中が発生源になりやすいのです」(東京ガス都市生活研究所の藤村寛子さん) 汗拭きシートで背中を拭くわけにはいかない。そこで役立つのが出勤前の朝シャワー。東京ガスの実験によると、朝41度のシャワーを1分間浴びるだけで背中の皮脂量が夕方まで抑えられたという。ボディソープなしでも余分な皮脂はお湯の水圧で自然に押し流される。朝の新習慣に。

3. 汗をかく夏は何回入浴してもOK?

汗っかきやオイリーな体質だと、夏の入浴は1回では足りないかも。むろん好きなだけ入っていいのだが、ボディソープとシャンプーを使うのは1日1回までに留めたい。 第一にいまどきのソープやシャンプーは洗浄力が強すぎで、皮膚のダメージになりやすい。そして皮膚や頭皮の皮脂を洗い流すと、丸1日経たないと元に戻らない。だから1日1回洗えば清潔に保てるし、皮脂は皮膚を覆って乾燥を防いでいるため、2回以上洗うと皮膚が乾燥しやすい。 洗いすぎると、乾燥から皮膚を守ろうと逆に皮脂の分泌が増える恐れも。お湯だけなら皮膚も頭皮も皮脂が完全に除かれる心配はなく、臭いの元となる過剰な皮脂はカットできる。

【関連記事】