Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

10万円の給付金で何買った? 大切な「同居相手」のため…部屋を大改造 「アースも私も住みやすく」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

新型コロナウイルスの拡大感染を受けて生まれた「特別定額給付金」。1人あたり一律10万円の使い道からは、現代に生きるそれぞれの価値観が浮かび上がってきます。外出自粛、オンライン化など、新しい生活に向き合わなくてはいけなくなった中、世間の人たちは一体どんなものに給付金を使うのでしょうか? 都内に住む30代の女性は、特別給付金で部屋の断捨離と模様替えを決意。その理由は、8年一緒に暮らす「同居相手」のためでした。(ライター・安倍季実子) 【マンガ】ツイッターで話題「この犬、噛むから」で始まる漫画はこちら「ってそっちかーい!」秀逸なオチ

「本当に痛そうで、見ているのがつらかった」

大手健康食品会社のコールセンターで勤めるAさんは、愛犬のアースと暮らしはじめて8年目になる。 「実家で犬を飼っていたこともあって、昔から犬が大好きなんです。東京に来てからは飼っていなかったんですが、ある日、用事のついでにたまたま入ったペットショップでアースと出会いました。完全に一目ぼれです。出会った翌日に、家族に迎え入れました」 運命的な出会いを交わしたアースは、ミニチュアダックスフントの男の子。あまりほえないおとなしい性格だけど、少し気分屋なところもあって、散歩をしていても中断して帰ってしまうこともあるマイペースな犬なのだそう。 「ミニチュアダックスフントは、胴が長くて足が短い体形なので、椎間板(ついかんばん)ヘルニアになりやすいんです。腰を痛めないように、食生活や体重管理に気を付けていましたし、部屋の中では、床にマットを敷いてすべりにくくしたり、あまり段差を作らないように気を使っていたりしました。寝るときはベッドにスロープを設置して、上りやすくする工夫もしていました。でも、今年のGW中に、私が見ていない所で後ろ足の膝(しつ)関節を脱臼してしまったんです。実は、小型犬は膝蓋骨脱臼になりやすいんです……」 「あまりほえない子なのに、このときはキャンキャン吠えて……。本当に痛そうで、見ているのがつらかったですね。そして、かかりつけの動物病院に連れて行ったら、膝蓋骨脱臼のグレード3だと言われました」      ◇ 〈膝蓋骨脱臼〉ミニチュアダックスフントをはじめ、トイプードル、チワワとする小型犬種がなりやすい病気。後ろ脚の膝蓋骨が外れてしまう状態を指し、先天的な膝関節の形態異常や、後天的な外傷などが原因で発症する。病状の深刻度は4段階であらわされ、アースが診断されたグレード3は、常に膝関節が脱臼している状態で、手術で整復することが可能なレベル。骨格が変形したり、歩き方が異常になったりする場合もある。

【関連記事】