Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「走り込み」で持久力アップは短絡的? まず取り組むべき「正しいフォーム」とは

配信

REAL SPORTS

これまで多くのプロサッカー選手を輩出している國學院久我山高校サッカー部。同校でコンディショニングコーチを務める三栖英揮は「スポーツ現場にトレーニングプログラムを機能させるシステムがない」ことに気づき、久我山でその仕組み作りに取り組んだという。そこで彼らが身につけた「正しいフォーム」とは?  (インタビュー・構成=木之下潤、写真=Getty Images)

正しいフォームを身につけたらケガが予防できる

――9シーズンもの間、國學院久我山高校サッカー部を指導された清水恭孝さんを昨年取材したとき、「正しいフォーム」にこだわっていらっしゃいました。 三栖:フィジカルトレーニングは、最終的には競技パフォーマンスの向上がなければ意味がないと考えています。フィジカルトレーニングを含め、すべては人間の体で起こっていることなのでトレーニングプログラムにつながりがなければ競技パフォーマンスには表れません。トレーニングプログラムは「エネルギーシステム(持久力)」「ストレングス(筋力)」「スピード」「ムーブメント(動作)」と分けることができますが、これらのプログラムは決して独立したものではありません。   筋力が向上することで、走るスピードは向上し、走るスピードが向上することでエネルギーシステムは改善します。動作はより正確な速さ(スピード)を要求することで高いパフォーマンスへとつながります。このようにフィジカルトレーニングはプログラムとしては分類することができますが、相互に影響しあってパフォーマンスを決定しています。  それぞれのプログラムは「正しいフォーム」によってつながりを持ちます。正確な動作は、必ずそのベースには適切な関節の可動性、安定性があります。大切なのは一つひとつのプログラムを競技パフォーマンスとつなげていくことです。ただプレーを見て、どこかのストレッチを見て「君はここが硬いから」と指摘しても選手にもコーチにも響きません。  例えば、ここの柔軟性がこのプレー中のバランスを崩す要因になっていると、競技パフォーマンスと体の構造につなげてあげたらトレーニングの取り組み方は変わります。動作(可動性/安定性)、スピード、筋力はすべてがつながっています。例えば、ランニングフォームの崩れなどは筋力の柔軟性の低下から関節の可動域に制限が生じ、その関節に関与する部位の安定性が低下するなど、必ず原因となる問題があります。  なぜランニングフォームが崩れているのか? ストレッチプログラム、スタビリティトレーニング(体幹を安定させるトレーニング)は正しいフォームで行えているのか? トレーニングプログラムの実施方法の問題点とつなげてあげることで、日々のトレーニングと競技パフォーマンスとの関係性を感じるようになります。そういうアプローチを続けることで、当然トレーニングへの取り組みの精度が上がっていきます。私たちが共通して意識しないといけないのは、正しいフォームです。   ――三栖さんのトレーニングデザインは「正しいフォーム」で一本化されているわけですね。100近くあるプログラムが正しいフォームにつながり、それぞれが持久力、筋力、スピード、動作と要素が区分けされています。 三栖:そうですね。フィジカルトレーニングで最初に考えるべきことは、コンディションのコントロールです。コンディション不良はケガにつながることなので、最優先すべきはケガを最小限に抑えることです。筋肉の柔軟性やそれぞれの関節の可動性・安定性など、人間が本来持っている身体機能を改善、維持させることがケガの予防につながります。  例えば、股関節の可動性が低下している選手が、相手のボディコンタクトを受け、バランスを崩したとします。バランスを保つためには、股関節で不足している可動性を隣接する部位である、腰部(腰椎-骨盤帯)や膝関節で補うことになります。ただ、そのバランスを保つためにそれらの部位に大きな力を発揮することが要求されるわけですが、当然大きな負担がかかるわけです。それで、ケガの発生リスクが高くなってしまうわけです。  ケガの予防とは、このようなリスクを最小限に抑えることです。つまり、それぞれの関節の可動性を維持し、安定性を向上させるトレーニングプログラムが「予防プログラム」になります。私の中では、そのプログラムにあたるモビリティ(可動性)やスタビリティ(安定性)のトレーニングは、基本動作のベースにもなっています。正確でバランスのとれた動作とは「それぞれの関節の正常な可動性があり、それらを安定して行うことができる」とういう意味です。

【関連記事】