Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

那覇空港内の「忘れ物」対策で新協定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
沖縄テレビOTV

沖縄テレビ

豊見城警察署と那覇空港ビルディングが29日、空港内での忘れ物の取り扱いに関する協定を結んだ。 豊見城署管内では去年過去最多となる4万6000件あまりの拾得物がありそのほとんどが那覇空港での忘れ物。 これまでは豊見城署が引き取り保管や処分にあたっていましたが収容スペースの確保や職員の業務負担などが課題となっていた。 29日は那覇空港ビルディングの安里社長が出席し拾得物の取り扱いに関する新たな協定を締結した。 この中では土産物やハンカチなど一部の拾得物については那覇空港ビルディングでも管理や処分をすることができるようになった。 ▽豊見城署 與儀淳署長「大変、豊見城警察署の業務負担軽減になると思っております。今後とも私たち警察は沖縄県、そして空港の安心・安全に邁進していきたいと思いますので、協力をよろしくお願いします」 今年は新型コロナウイルスの影響で観光客が減少たことから空港内の忘れ物も少ないものの人の移動が活発になれば再び増加する恐れがあることから関係機関では忘れ物をしないよう注意を呼び掛けている。

沖縄テレビ

【関連記事】