Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Apple、新Apple Watch、iPad発表 ウェルネス機能拡大や新たなサブスクも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

Apple は、2つの新しいApple WatchモデルであるApple Watch Series 6とApple Watch SE、第8世代iPad、A14 Bionicを搭載した、ウェルネス機能の大幅な発展をもたらすフィットネスエクスペリエンスとなるApple Fitness +、また、Apple Music、Apple TV +、Apple Arcade、iCloudなどを1つにしたサブスクリプションとなるApple Oneを発表した。

Apple Watch Series 6

革新的なウェルネス&フィットネス機能を搭載 今回新たに発表されたApple Watch Series 6は、ユーザーの血液の酸素飽和度を測定する新機能で以前のApple Watchモデルのヘルス機能を拡張。全体的なフィットネスとウェルネスの情報を細かく取得する。 酸素飽和度(SpO2)は、赤血球から肺から体の残りの部分に運ばれる酸素の割合を表したもの。この酸素化された血液が体全体にどれだけうまく送達されているかを示すとのことだ。 Appleは、研究者と共同でApple Watchなどを使用して血中酸素を将来のヘルスケアアプリケーションでどのように活用できるかを探っており、米国カリフォルニア大学アーバイン校およびAnthemと共同で健康に関する研究調査を行う予定であるという。 また、米国のBrotman Baty Institute for Precision MedicineのSeattle Flu Studyの研究者とワシントン大学医学部の教授が、心拍数アプリケーションや血中酸素濃度アプリケーションなど、Apple Watchのアプリケーションを通して得られる指標が呼吸に及ぼす影響などを研究し、インフルエンザや新型コロナウイルスなどの初期兆候としてどのように役立つかを調査する予定であるとしている。 Apple Watch Series 6ではハードウェアのデザインが一新され、パフォーマンスが向上。iPhone 11に搭載されているA13 Bionicをベースにした新しいデュアルコアプロセッサーを採用し、アップグレードされたS6 SiPは最大20%高速化。 アプリケーションの起動時間も20%高速化している一方、バッテリー駆動時間は18時間と、これまでと同様に一日中持続するという。 さらに、Apple Watch Series 6にはU1チップおよび超広帯域アンテナが搭載。次世代の車のデジタルキーなどの新しい体験をサポートする短距離ワイヤレスによる位置取得が可能になる。 また充電は、1.5時間以内でフルになり、屋内や屋外でのランニングなど、特定のワークアウトの測定におけるバッテリー駆動時間が向上しているという。

【関連記事】